広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

企業広報実態調査2002

公開日:2002年7月25日 | 最終更新日:2013年4月15日

ホームページ管理は、広報担当者の仕事。
プレスリリースのホームページへの掲載は「発表と同日に実施」が76%
*このレポートは2002年7月25日に報道発表しています

株式会社ニューズ・ツー・ユーは「企業広報実態調査」を2002年6月~7月にかけて実施いたしました。 調査の目的は、これまでメディア対応を主としてきた企業広報担当者にとってIT時代の広報への対策はどのようになっているか、広報活動の現状を把握することです。

調査対象は、ニューズ・ツー・ユーが提供するオンライン広報サービス「News2u.net」の会員企業の広報担当者および非会員の広報担当部門をもつ企業の方々で、計155社から回答を得ました。

「御社における広報の役割」についての回答は、「広告・宣伝」、「メディア対応」についで第三位が「ホームページ管理」となっており、企業ホームページが広報ツールであるという考え方が浸透していることがわかります。

また、ホームページにプレスリリース紹介のコーナーを開設している企業では、プレスリリースのホームページへの掲載は、発表と同日に反映している企業が76%に達しています。そのうち約半数が、プレスリリース発表と同時にホームページを更新。インターネットの特徴であるリアルタイムの情報提供を実現、インターネットを重要な情報発信ツールとして認識していることがうかがえます。

そのほか、発信しているプレスリリースの内容は、「製品・サービス」、「業績発表」につづいて「経営方針」という結果から、経営方針をメッセージとして伝えるスタイルが定着したことがわかります。

なお、今回の調査では、回答企業すべてが自社ホームページを所有していました。

【調査概要】
アンケート名: 企業広報実態調査2002
実施期間: 2002年6月10日~7月15日
調査協力:株式会社インフォプラント










寸評

調査は、すでに多くの企業がインターネットというメディアを利用し、高い頻度で情報を発信している実態を示しています。今後、ステークホルダーからはスピードに加え一層の双方向性、訴求力が要求されることは間違いありません。ニューズ・ツー・ユーは今後もインターネットと広報活動の関係を定点観測していきます。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ