広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

書評 – 佐藤可士和の超整理術 – 整理することで見える本質

公開日:2008年12月25日 | 最終更新日:2013年5月15日

佐藤可士和さんが書いた整理術。デザインやアートについて語る本じゃないんです。でも、佐藤悦子さんの本によると、佐藤可士和さんは、整理好きらしいです(書評 – SAMURAI佐藤可士和のつくり方)。アートディレクターが語る整理術はなんでしょうか?
佐藤可士和の超整理術

1章 問題解決のための“超”整理術
2章 全ては整理から始まる
3章 レベル1「空間」の整理術――プライオリティをつける
4章 レベル2「情報」の整理術――独自の視点を導入する
5章 レベル3「思考」の整理術――思考を情報化する
6章 整理術は、新しいアイデアの扉を開く

整理術ということで、身の回りにあるものの整理。情報の整理。思考の整理。この3つについて話が進みます。最初は仕事の効率を考える上で、整理の徹底をはじめたそうです。
身の回りの整理ということで、かばんの荷物。机の周り。そして、パソコンの中身まで触れています。

特徴的なのは、2つ。1つはパソコンの整理。これを佐藤可士和さんの事務所では徹底させているそうです。整理方法の考え方が示されているのですが、納得。パソコンの中での情報を、共有しているファイル(ディスク)に持ち込むと、大変なことになりますよね。共有する場所でこそ、整理について敏感になるべきなんだと痛感しました。
もう一つは、紙資料の整理。佐藤可士和さんの事務所の写真を見たことがある人であればすぐに思い出す、箱が整然と並べられている場所。あの箱に、1プロジェクトごとの資料がまとまっているそうです。
物事の整理をすることで、見えてくる本質。本質に迫る為に、整理し、本質を取り出す。本質を掴むには、試行錯誤が必要だし、徐々にバージョンアップ・アップデートしていく必要があります。これらの行為すべてが、整理とされています。
まずは、身の回りの整理からはじめて、本質をつかめるようになりたい!と思った1冊です。

photo

佐藤可士和の超整理術
佐藤 可士和
日本経済新聞出版社 2007-09-15

by G-Tools , 2008/12/22

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ