広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

書評 – ビジネスマンのための「発見力」養成講座 – 気づく人の力の源はどこにあるのか?

公開日:2008年10月20日 | 最終更新日:2013年5月17日

色々なことに気付く人っていますね。なんであんなに早く気づくんだろう?そんな風に思いませんか?そんな気づきから、発見力というのは鍛えられるそうですよ。
ビジネスマンのための「発見力」養成講座

はじめに
第1章 見えているようで、何も見えていない
第2章 関心と仮説でものが見える
第3章 たとえば、こんなふうに見えてくる!
第4章 見える力を養う方法
第5章 ものが見える10の小さなヒント
あとがき

自分がいかに気付いていないかを知るための事例が出てきます。この事例を見て私は1つも気付いてないことが判明しました。う~ん。
発見力をつけるためには、物事に関心を持つところから始まると筆者は言います。広報・PR担当の方であれば、同業他社のことや、町にあるポスター、新聞、ダイレクトメールなどなどいろいろなことが関心の対象となるのではないでしょうか?
じつは、それだけでは足りなくて、自分の知らない分野にも興味・関心を持つことも大切だといいます。ほかの分野の事を知ると、今まで知っている知識を別の視点から見ることができる。そうすると、知らなかったことを発見できる、というわけです。なるほど。
関心を持つためにはどうしたらいいのか?ビジネスに携わる人であれば、自分の仕事に興味を持つこと。それは、責任感と関係があるといいます。責任感があるから、隅々にまで関心を持つ。だから、見つけることが出来るというわけです。
また、漠然と関心を持つだけではなく、分解することも大切。物事を大きくつかんだら、ポイントを絞ってみていくことで、見る場所がはっきりするので、頭に入り込んでくる。そうすると、発見しやすくなる。
こうした一つ一つのポイントをまとめた書籍になっています。読むと、一歩知らない世界に飛び込んだり、前に出ることができるかもしれない本です。

photo

ビジネスマンのための「発見力」養成講座
小宮 一慶
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2007-09-13

by G-Tools , 2008/09/26

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ