広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

書評 – 広告コピーってこう書くんだ!読本 – なんかいい理由

公開日:2008年8月25日 | 最終更新日:2013年5月17日

ネットPR.JPを書き始めてみて、エントリータイトルが気になっています。毎回、悩むのですが、いまだに解決策はない状態。この状態をどうしたらいいのかなあ?と思っていたときに、とあるブログで見つけたのが、「広告コピーってこう書くんだ!読本」の書評でした。
広告コピーってこう書くんだ!読本

序章
はじめに 「発想法ではなく、発想体質を」。/「なんかいいよね」禁止。
第1章 生きたコピーの書き方。
第2章 もっと伝えるために。
第3章 コピーを超えるコピー。
第4章 広告的「アタマのよさ」。

この本のインパクトは、「「なんかいいよね」禁止」でした。ついつい言ってしまう「ああ、いいよね、それ」という発言。なにがいいのか?どうしていいのか?なぜそうなっているのか?この突き詰めていくことを重ねていかないと、発想にたどり着かないというわけです。
広告コピーだけじゃなく、他のことでも大切で、応用が利くことだと思います。「なぜ?」を忘れないことって、日々の筋肉トレーニングというか、基礎力になることを再度教えてくれました。
広告コピーを書く上でも、そのコピーで売り上げがどうなったかまで考えられているところに、実用性の高さが出ています。手先のテクニックじゃなくて、幹の部分を考えることが出来る書籍です。
広報/PR担当じゃなくても、考えてみるのが面白くなる本です。これはおススメです。

photo
広告コピーってこう書くんだ!読本
谷山 雅計
宣伝会議 2007-09-15

by G-Tools , 2008/08/04

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ