広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

書評 – アップルとグーグル – ネット誕生前後で違う2社が狙う次

公開日:2008年5月19日 | 最終更新日:2013年5月17日

iPodのアップル(Apple)と、検索のグーグル(google)。ともに、既存の価値を変化させて成功を収めている企業です。iPodでアップルは、音楽の聴き方、購入の仕方を変えました。グーグルは、ウェブの検索結果精度を高めました。こうした価値の変化を生み出すことで、成功した2社について語っているのが、本書「アップルとグーグル」です。
アップルとグーグル

第1章 世界を変え続ける企業 アップルとグーグルの共通項
第2章 アップルとグーグル 異なる戦略とビジネスモデル
第3章 アップルとグーグルの接近と日本にもたらす影響

インターネット誕生前と誕生後に生まれたこの2社について比較をしながら、話は進みます。似ている部分もあるし、ぜんぜん違う部分もあります。
特徴的なのが、アップルのiPhoneとグーグルのアンドロイド(Android)について比較が書かれている点です。
iPhoneは第二世代が発表されるかも?と話題の携帯電話です。Androidは、大雑把に言えばケータイ向けのOSです。アップルとグーグルの2社が、それぞれのゴールを目指してしのぎをけずることになるのでしょう。この点について、言及されているのは、私は初めて読みました。
モバイル・ケータイという市場にどうやって2社は向かっていくのか?これは今後も気になる話題ですね。2008年初頭までの状況を知ることが出来るのが、素晴らしかったです。

photo
アップルとグーグル 日本に迫るネット革命の覇者
小川 浩 林 信行
インプレスR&D 2008-04-21

by G-Tools , 2008/05/04

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ