広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

ヒット商品を最初に買う人たち – 書評 – クチコミとイノベーターという存在

公開日:2008年3月24日 | 最終更新日:2013年5月17日

この本、ちょっと強力すぎます。まだまだ、マーケティングお勉強中の私には、そいうことだったか、と腑に落ちるお話が載っていた本です。
ヒット商品を最初に買う人たち

第1章 最初に手を出す人たち
第2章 ヒットを作る「イノベータ」たち
第3章 ヒットの寿命もイノベータ次第
第4章 ヒットを狙う企業の戦略
第5章 ゲームの理論を変える革新的イノベータ

マーケティングには、色々な理論があるそうです。他の分野でも同じだとは思いますが、マーケティングでもさまざまな理論が存在します。ただ、これらの理論は抽象的で、私の中ではフワフワとした形がつかみにくい存在です。そんな中で本書では、地に足が着いた展開の説明がされていました。
本書では、商品を早い段階で買う人 = イノベーターという存在について、説明しています。こうした人たちがとる次の行動が、商品の売れ行きに影響するわけですね。
イノベーターが買う段階を過ぎて、その他の多くの人が手にしていくと、商品の寿命が尽きていく。大ヒットの後、商品が売れなくなってしまう現象についても説明しています。(例えばiPodや、デジタル一眼レフカメラ)
そんななかで、イノベーターをより多くひきつけるための方法として、ネットのクチコミが有効であると書かれています。これは、ネットによるクチコミが、イノベーターを満足させる要素があるからです。
こうしたイノベーターを通じた商品の売れ行きについて、理論的に説明しつつ、わかりやすく手にしやすい書籍です。

photo

ヒット商品を最初に買う人たち [ソフトバンク新書]
森 行生
ソフトバンク クリエイティブ 2007-03-16

by G-Tools , 2008/03/08

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ