広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

伝説のホテルマン「おもてなし」の極意 – 書評 – とことん追求する最善

公開日:2008年3月12日 | 最終更新日:2013年5月17日

業種に違いはあれど、「サービス業」と呼ぶ仕事はたくさんあります。
そんなサービス業に共通する“サービスの原点”といえることが書かれた本、『伝説のホテルマン「おもてなし」の極意』を読みました。
伝説のホテルマン「おもてなし」の極意

■第1部 ミスター・シェイクハンドと呼ばれて
■第2部 ホテルマン修行時代
■第3部 ヒルトンからキャピトル東急へ
■第4部 ミスター・シェイクハンド おもてなしの極意
■第5部 ホテルを訪れる様々なお客様

この書籍では筆者がどんなことを考えて、工夫してお客様と接してきたのか?が書かれています。また、筆者が管理職に就いてからも、常にお客様の近くにいることで出来たサービスも紹介されています。
これを読んでいると、とてもじゃないですが、簡単に出来ることじゃないです。だからこそ「伝説のホテルマン」と呼ばれているんだと、あらためて思います。
「おもてなし」とは何なのか?それは、お客様が何を望んでいて、自分が出来る最善を尽くすことなのだと思います。そして、最善策を探求し続ける姿勢なんですよね。
もういちど自分の仕事を振り返ってみようかな、と思ってる方にオススメの書籍です。

photo

伝説のホテルマン「おもてなし」の極意 (アスキー新書 10)
加藤 健二
アスキー 2007-05-10

by G-Tools , 2008/02/29

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ