広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

ヒューマン2.0 – 書評 – けものみちを生きる方法

公開日:2008年2月22日 | 最終更新日:2013年5月15日

発売された頃、かなり目にしていました。遅ればせながら、この時期になって読みました。
書籍はシリコンバレーでの働き方について、実際に働いている筆者の視点からまとめられたものです。

1 はじめに
2 ワタシは誰でしょう
3 インターネットで起こる変化
4 シリコンバレーって何だ
5 人生と仕事
6 人生とお金
7 シリコンバレーで誕生する4つの働き方:ヒューマン2.0
8 ヒューマン2.0のルール
9 最後の友達は家族
10 おわりに

書籍のタイトルが2.0とついています。それだけで、流行に乗せた本じゃないか?と正直思っていました。けれども、読んでみると、時代に合わせた生き方・働き方について、さりげなく教えてくれる書籍です。
筆者は、シリコンバレーで働いている方です。そのため、シリコンバレーでの出来事・事象が中心です。読んでみたのは、シリコンバレーという場所は、自分で生きる道を切り開く「けものみち」で生きている人たちが集まっている場所なんだと思います。
その働き方・生き方は、日本で通用しない生き方・仕事の仕方ではありません。仕事をする・生きていく方法として、日本でも大切なことじゃない?と思えました。むしろ、自分が知らなかっただけ、という可能性もあります。あと、読んだ年齢(現在、30歳です)も読後に影響があったかもしれません。
今後の働き方・生き方について、考えることがあれば、大変オススメです。
もう一つの注目点があります。それは、本文の下に出てくる脚注です。本文もオモシロいですが、脚注が効いているんです。筆者の性格が良くわかるというか、サービス精神にあふれた方なのか、これは読んでみてのお楽しみです。

photo

ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)
渡辺 千賀
朝日新聞社 2006-12-08

by G-Tools , 2008/01/26

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ