広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

2006年日本のネット広告費、電通が発表

公開日:2007年2月22日

「2006年(平成18年)日本の広告費」を電通が発表しました。
2005年にくらべ、2006年の日本の広告費は0.6%増の5兆9,954億円。
その内訳として、新聞・雑誌・ラジオ・テレビマスコミ4媒体(4マス)がのきなみ、前年比マイナスという結果です。それとは反対にインターネット広告が29.3% 増という結果が発表されました。
電通のプレスリリース(PDFです)
テレビ  ▲1.2% 
雑誌   ▲1.5% 
ラジオ  ▲1.9% 
という結果で、なかでも、
新聞   ▲3.8%
という結果だったようです。ポイントだけで比較すると一番落ち込んでおり、「DM」、「折込」、「交通」、「POP」などを含む「SP(販売促進)広告費」は増加傾向。
木村拓哉さんを起用したCMで紙面サイズ体裁を刷新した媒体もでましたが、その反響がどのくらいあるのか関心があります。
昨年発表時、今回同様ネット広告の大幅な増加がクローズアップされていました。数値予測があっているかどうかわかりませんが、ネット広告が増える、という点では予想通り、、ですよね。
SEO、SEMという言葉は広告宣伝担当者なら知ってて当たり前の用語になり、モバイル広告(モバイルSEM)も注目されている状況ではネット広告費の増加は納得する結果です。
▼ちょっとそれますが、携帯検索サイトトップはYahoo!モバイル、というレポート

2007年の総広告費の見通しについては、Windows Vistaの発売や統一地方選挙、参議院選、世界陸上選手権、東京モーターショーの開催、さらには日本郵政公社民営化やIT・デジタル関連の市場拡大といったプラス要因から情報・通信業種の出稿が増えて前年比1.1%増程度の成長になると予測している。

上記参考:

今年の4月、5月、6月とネットマーケティング絡みのイベント開催が予定されていますが、集客できるネタがこれなんですね。
1年後はまだ今回に近い結果だろうと推測されますが、5、6年後はどうなっているでしょうか。
以上、News2u事業開発部のkatoでした。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ