広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

メディア化する企業とニュースリリース~第5回News2uユーザー会勉強会より

公開日:2012年2月1日 | 最終更新日:2013年4月18日

News2uリリース年間ご利用企業のお客様により、ほぼ毎月開催されている「News2uユーザー会」。先月の第5回News2uユーザー会勉強会は2012年1月18日に30名様のご参加を頂き、開催いたしました。

IMGP4574

今回のテーマは『ニュースリリースで自社サイトを強化する』。

きっかけとなったのは、すでに 『第9回 ネットPR実態調査2011 : ネットPR.JP – netpr.jp -』 の結果としてご紹介させていただきました、このグラフです。

リリースの配信・公開方法

 

いまやリリースの配信公開手段・第1位は「自社サイトへの掲載」なんですね。

つまりひっくり返して考えると「ニュースリリースに取り組むことが、自社サイトの強化につながる」ということになります。

News2uリリースにもオプションサービス「プレスルーム自動更新機能」「ソーシャルメディアバインダー」があり、ご愛用をいただいております。

プレスルーム自動更新機能」とは、News2uリリースでニュースリリースを配信すると、同時に自社サイトにも同じ内容のニュースリリースがアップされる。News2uリリースを年間契約でご利用されているお客様であれば、ランニングコストは無料。

ソーシャルメディアバインダー」とは、ニュースリリースと自社運営のソーシャルメディアもまとめてひとつのページに表示することで、企業のアクティビティが一目で分かるページを自動生成するサービス。

というわけで今回の勉強会では、これらふたつのオプションサービス「プレスルーム自動更新機能」「ソーシャルメディアバインダー」をご活用いただいている、

  • 株式会社角川グループパブリッシング様
  • パナソニック株式会社様
  • ブラステル株式会社様

以上三社様より、事例紹介のショートプレゼンテーションをいただきました。

ブラステル様のプレゼンテーション

ブラステル様のプレゼンテーション

さらにモデレーター ハウスウェルネスフーズ株式会社 丸山佳代様による登壇者によるディスカッションへと進み、今回も大変充実した内容の勉強会になりました。

企業のメディア化は必須

そういえばこんな本が売れています。

小林 弘人¥ 1,554

ネットの普及で情報発信主体が爆発的に増加し、ほっておくと、自社の存在はどんどん埋没することにもなりかねません。企業のメディア化は必須ともいえます。

しかし「メディア」に取り組む負荷は結構重いものです。理由は簡単で、継続しないと意味がないからです。ブログやツイッター、Facebookページを活用することも考えられますが、担当者のパーソナリティと企業のカラーをどう折り合いつけていくか、担当者をバックアップする体制が作れるか、などなど、課題は多い。

しかし、ニュースリリースを配信し、サイトに掲載して蓄積していけば、どんな企業でも、きわめて低い負荷で「メディア化」を開始できるのではないか。

コンテンツの蓄積を定期的フローの中に組み込み、貯蓄するように自社サイトに溜め込んでいけば、検索を駆使するネットユーザーが自社サイトに入ってくるための「玄関」が増えることになります。また、ソーシャルメディアにも取り上げられやすくなります。

トップページにあれこれ工夫するより、ひとつのアクションで発信と蓄積の両方が可能な「ニュースリリースの配信+自社サイト掲載」が、これからのネットPRには必須になるのではないかと。

そんなことを考えさせられた、今回のユーザー会でした。News2uリリース・News2uユーザー会へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ