広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

PRとIRの連携

公開日:2010年12月15日

不特定多数のステークホルダーを対象とするPRに対して、投資家とその予備軍に対するアプローチであるIRは、通常は分けて考えるべきであり、部署も別のことが多いようです。
しかしユニークなIR活動は、時にPRに活用できる場合もあります。
たとえば、株主優待。
特に個人株主獲得のために取られることが多い施策ですが、メディアでもよく話題にされるため、投資に興味がない人にも情報として伝わります。

あの会社の株主優待は・・・権利確定月が12月の銘柄yahoofinanceyutai.jpg

航空会社や鉄道会社の優待券、テーマパークや遊園地の入場券、飲食店の無料券などが定番で、食品・日用品メーカーは自社商品の詰め合わせなどが提供されています。
かつて、あるフレンチレストランが株主を数回に分け、自社レストランでフルコースをふるまった初めての試みは、あちこちのメディアが取り上げ話題となりました。
ダスキンによるこうしたアプローチも興味深いです。

◆社会貢献寄付制度
当社の社会貢献活動にご賛同いただける株主様からご返送いただきました株主ご優待券の相当額を、当社が株主様に代わって、社会貢献活動団体へ寄付させていただきます(2010年9月30日基準のご送付分より)。
寄付先:財団法人 広げよう愛の輪運動基金
広げよう愛の輪運動基金の活動についてはこちらをご覧ください。(www.ainowa.jp)

有名なところではエイベックスグループの「株主限定ライブ」。人気アーチストが出演するこのイベントは毎年TVでも取りあげられ、抜群のPR効果を発揮していました。
(しかし会場確保の困難、コスト増大、ネットオークションなどでの高値売買による議決権行使書の不正利用の問題などにより、平成23年はいったん中止するとのことです。
「株主限定ライヴ」の取り止めに関するお知らせ:エイベックス
IR活動をPRすることで企業姿勢や商品・サービスを広く社会にアピールし、PR活動を充実させることで投資家にも働き掛けていく。「PRとIRの連動」は、広報担当者にとって今後非常に重要になるテーマの一つと言えるでしょう。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ