広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

PR&マーケティング効果もあって人助けにもなるこの手法、知ってました?

公開日:2009年12月10日

コンビニ業界で初めてtwitterをはじめるなど、何かと話題のファミリーマート
12月1日からは「キチンとチキン♪」というキャッチコピーのもと、チャリティープロジェクトを始めたようです。
このプロジェクトは、ユーザーが携帯から「キチンとチキン♪」の着信メロディ又はミニゲームをダウンロード(どちらも無料)すると、1ダウンロードごとに2円、ファミリーマートがNPO団体に寄付をするというもの。

ファミリーマート×TABLE FOR TWO キチンとチキン♪チャリティプロジェクト~着メロや携帯ゲームのダウンロードがアフリカの子供たちの給食費になります~
12-ki.jpg
12月1日からファミリーマート店頭に登場する2009年度冬限定デザインのフライドフードの包装袋には、「キチンとチキン♪」の「着メロ」や「携帯ゲーム」が無料でダウンロードできる携帯サイトのQRコードがプリントされています。このQRコードやファミリーマートホームページなどから、ファミリーマート携帯サイトにアクセスしていただき、「着メロ」や「携帯ゲーム」をダウンロードすると、1回につき2円分をファミリーマートがTABLE FOR TWO(※)に募金し、アフリカの子供たちに給食費として届けられます。
「ファミマのフライドチ・キ・ン♪」着メロや携帯ゲームのダウンロードがアフリカの子供たちへのクリスマスプレゼントに。「キチンとチキン♪チャリティプロジェクト」を実施!【株式会社ファミリーマート】 –News2u.net

最近、このような間接型募金システムが増えていますよね。
例えば・・・

・「クリック募金」
クリック募金サイト上の募金ボタンをクリックするだけで無料で募金ができる仕組みです。(クリックしたサイトのスポンサー企業が、1クリックにつき決まった金額を募金する。)
今はブログパーツが沢山ありますね。私も個人ブログにクリック募金パーツを貼り付けていますが、既に2億5千万クリック以上(=2億5千万円以上)が集まっているようです。すごいですね。
クリック募金はイーココロ!dff.jpが有名です。
「ボルヴィックの1L for 10L」
ボルヴィックの水の売り上げ1L分の一部(アフリカに10Lの清潔で安全な水を提供する金額に相当)を寄付するプログラム。既にアフリカに生まれる水の量は約6億3425万Lになったそうです。こちらもすごいですね!
「TABLE FOR TWO(テーブルフォーツー)」
対象となる定食や食品をご購入すると、1食につき20円の寄付金が開発途上国の子どもの学校給食になるという仕組み。(開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病に同時に取り組む、日本発の社会貢献運動。)
20円というのは、開発途上国の給食1食分の金額だそうで、先進国で1食とるごとに開発途上国に1食が贈られるという仕組みです。
冒頭でご紹介したファミリーマートの「キチンとチキン♪」チャリティープロジェクトも、このTABLE FOR TWOとのタイアップ企画です。

やっぱり、どうせ同じ水を買うなら、少しでも誰かの役に立つ方を選びたくなるのが心情。しかも自分が直接寄付をするのではなく、商品を買う、ダウンロードする、クリックするだけで、寄付ができるのだとしたらなおさらです。
そのような、寄付型商品を「コーズマーケティング型商品」と言うそうです。ご存知でしたか?
私自身、その名称は最近まで知らなかったのですが、企業にとってはマーケティングや企業イメージアップに貢献しますし、消費者にとっては企業が代わりに寄付をしてくれる。そして寄付先にとっては必要なサポートが得られる。まさにwin-win-winなシステムですから、今後益々注目されていくと思います。
あなたの会社でも、PRと社会貢献両方を実現するwin-win-win施策として、寄付型商品を考えてみてはいかがでしょう?
なお、クリック募金などを行っているユナイテッドピープル株式会社さんが実施している寄付型商品に関するアンケート調査&レポートは非常に面白く、参考になりますよ!

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ