広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

集合知の活用でmixiモバイル広告枠のクリック率が2倍に!?

公開日:2009年7月16日

「Web2.0」のキーワードが言われ始めたのは2005年頃。それ以降、急速にCGMが広がり始め「集合知」というものが注目されています。
CGMによる「集合知」の代表的なものとしては「wikipedia」が有名ですが、「wikipedia」も非営利団体が運営していますし、「集合知」をビジネスに活用している例はまだ珍しいですよね。
そんな中、“クラウドゾーシング(「群集にアウトソースする」の意)”という新しい手法を使った、興味深いサービスを見つけました。

バナーのクリエイティブ制作をみんなに依頼
みんなのクリエイティブエージェンシー

7-3-1-1.jpg
株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:柏木斉)が運営する、バナー広告のクリエイティブ制作を、プロ・アマ問わず、幅広いユーザーに依頼する『みんなのクリエイティブエージェンシーC- TEAM(シーチーム)』は、本日7月8日(水)より、『mixiモバイル』用のバナー広告クリエイティブ最適化ソリューションの販売を開始いたします。

7-3-1-2.jpg

『C-TEAM』とは「クラウドソーシング(群集にアウトソースするの意)」という新しい手法を使い、誰もがクリエイターとなり、クライアントの広告を作成することができる新感覚のサービスです。
 『C-TEAM』では、まずPC用・モバイル用それぞれのバナー広告の制作を、プロ・アマ問わず幅広いユーザーに依頼し、一般カスタマーが作成したバナー広告を『C-TEAM』に投稿していただきます。『C-TEAM』で開発した最適化エンジンを利用して、投稿された作品の中からクリック率などの効果が高いと見込まれるクリエイティブの露出頻度を自動的に変更し、全体としてのクリック率の大幅な改善を行います。
※特許申請中
リクルート『C-TEAM(シーチーム)』、『mixiモバイル』用バナー広告のクリエイティブ最適化ソリューション販売開始–News2u.net

この『C-TEAM』、『クリエイティブ最適化エンジン Creative Optimizer』を搭載しているところが特徴だそうで、これにより以下の2つを実現できるとのこと。

1.投稿された多数の広告バナーを提携メディアの広告枠にランダム表示させ、クリック率の高い作品を早期に判別することができること。
2.1よりはじき出したクリック率の高いバナーに、高い掲載確率を自動で割り当てることができること。

実験&検証の結果、モバイルバナー広告において平均クリック率が約2倍になることが確認されたそうです。
まさに集合知をビジネスに活用したいい例ですよね。
リクルートさんの『C-TEAM(シーチーム)』、要チェックです!

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ