広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

Windows 7でInternet Explorer 8を試してみました

公開日:2009年2月12日

Internet Explorer 8(以下、IE8)のRC1が発表されました。製品版に近い状態の意味である「RC」です。新しい機能がいくつか追加されているようです。

マイクロソフトは米国時間1月26日、同社ブラウザ「Internet Explorer 8」(IE8)の「リリース候補(RC)」版をリリースした。ここでは、その一部を画像で紹介する

フォトレポート:絵で見る「Internet Explorer 8 RC 1」 – builder by ZDNet Japan

IE7が登場したのが、2006年末(だったはず)なので、それなりの時間を経た登場ですね。Windowsの最新版であるWindows Vista からはIE7が正式になり、徐々にIE6からIE7への移行も進んでいます。2009年には発売されるといわれているWindows 7では、IE8が標準となります。IE6からIE7以上への移行がさらに加速されることが予想されますね。
さて、そんなIE8を試してみたいと思いました。そこで、MacBookにWindows 7のbeta版を入れてIE8を見てみることにしました。

これが、Windows 7の画面です。タスクバーの大きさが変わりましたけれど、Windows Vistaと大きな印象の違いはありませんでした。

Windows 7は、ところどころ新しさを感じさせてくれます。たとえば、ペイント。Office 2007と同じような雰囲気になっています。

IE8で、News2u.netを見てみました。「普通」というのが最初の印象です。でも、実は色々と気になる点が出てきました。
といわうけで、IE8になって変わった点について、もう少し調べてみようと思います。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ