広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

13歳以下に「プーペガール」が人気らしい、と知った忘年会議レポート。ケータイで検索する世代の広がり

公開日:2008年12月16日

忘年会議というイベントが先週末に開かれていました。イベントレポートを見ていた中でYahoo!が行った「検索キーワードからみる2008」という企画で気になることがありました。
13歳以下に「プーペガール」が人気という話です。

家庭教師をしたり、塾の先生を通して10代の女の子と話す機会は 結構多かったと思いますが、その中でも特に驚いたのが 彼女たちの大人っぽさでした。

広告ウーマン★ 広告が分かれば、オンナが分かる。

この年代でも既にYahoo!で検索してたりすんだよなあ、という驚きが、一瞬ありました。それだけ、ネットを利用する年齢が、ケータイの登場で下がってきているということなんですね。
もう一つが、「プーペガール」のヒット世代が13歳以下ということ。このサービスは、サイバーエージェントが元々運営していたのですが、一つのサービスとして動き出しているようです。
アバターのサービスですが、13歳以下でアバターを見せ合っているという感じなのでしょうか?なかなか想像が出来ないサービスです。
ケータイでのサービスについて、高校生ぐらいをターゲットに考えるだけじゃなく、10代前半、小学5~6年生というのも十分対象になってきているのだと考える必要があるんだと感じたレポートでした。


■忘年会議のレポート掲載ブログ

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ