広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

アメトークの「家電芸人」から考える企画プレゼンテクニック

公開日:2008年10月8日

テレビ朝日系列で「アメトーーク」という番組があります。番組内の企画として、芸人さんによる持ち込み企画プレゼンがあります。この企画で採用された「家電芸人」という企画があります。この「家電芸人」について日経ビジネスオンラインで書かれていたことに納得。

「家電芸人」のプレゼンテクを盗む:NBonline(日経ビジネス オンライン)

今、家電が来ている(ブーム到来)らしい。いや何も、家電メーカーの雄、松下電器産業が10月1日に「パナソニック」に社名変更したという経済ネタを書こうというのではない。私が注目しているのは、今年に入って一気にブレイクしている「家電芸人(かでんげいにん)」たちだ

【26】「家電芸人」のプレゼンテクを盗む:NBonline(日経ビジネス オンライン)

アメトーークの「家電芸人」企画を見ていました。今をきらめく売れっ子の芸人さんたちが、熱く家電について語りつくすのです。本当にこれは、「おお~」と思うんですよね。芸人さんたちのトーク技術が簡単に盗めるとは思いませんが、どうしてこのトークで反応してしているのか?を真剣に考えてみるのは、いい勉強になるかも?と考えてしまいます。
特に感じたのが、「キーワード」を覚えさせることにたけているんじゃないか?と感じました。YSP-1100という製品について、番組内で熱く語るシーンがありました。普通に考えて、「YSP-1100」なんていう製品名を覚えさせることは難しいです。でも、「Yahoo!トレンドワード」などを見てみると、結構変動していることがわかりますね。
Yahoo!トレンドワード YSP-1100
芸人さんのトークも、冷静に見ていたら、ビジネスに役立つポイントが出てくるかもしれませんね!

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ