広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

ねじれた味がする!?「国会丼」が食べれる国会図書館食堂

公開日:2008年7月25日

宣伝活動なし、ネーミングのインパクトのみで売上げアップ!
そんなユニークな丼が国会図書館の食堂で食べられるそうです。
知らない食べ物を耳にしても、まあだいたいは想像がつきます。
「漁師丼」→新鮮な魚介類がてんこ盛り。魚が入ってるのは間違いない!
「スタミナ丼」→お肉たっぷり、ニンニクたっぷり。野菜たっぷりヘルシーとは思えない!
というように。
しかし具が肉なのか、野菜なのか?まったく不明です。「国会丼」。

kokkaidon.jpg

国立国会図書館(千代田区永田町1)の6階食堂で今年4月から提供されている、「ねじれ国会」を表わした看板メニュー「国会丼」が話題を呼んでいる。
 同メニューは、中央に温泉卵が乗った、半分が牛丼でもう半分がカレーライスの丼。甘辛い味付けのオーソドックスな牛丼が自民党を、ピリリと辛いスパイシーなカレーが民主党を、中央に乗った温泉卵が国民を表わしており、「ねじれ国会」の様子を丼の中で表現する。

国立国会図書館の「国会丼」が話題に-「ねじれ国会」を表現  : 赤坂経済新聞

その正体が「カレー」と「牛丼」と「温泉たまご」だったとは!
テーマは、ねじれ国会ということです。ウィットに富んだメニューですね。
いかにも堅そうな国会図書館(行ったことありませんがイメージ的に)と、遊び心あるネーミングのミスマッチも、クチコミされやすかったんだと想像します。
ネットでのクチコミもあって、いまでは食堂の売上げのうち2割を占めることがあるそうです。
あらためて、クチコミやネーミングの力を感じるニュースでした。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ