広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

Movable Type コミュニティ・ソリューション(MTCS)が無償でバンドルされるそうなので試してみた

公開日:2008年7月1日

「Movable Type Community Solution(MTCS)」が発表!MTにコミュニティ機能を追加」でご紹介していたソーシャル・メディア機能について、Movable Type4.2から無償でバンドルされるそうです。

ブログ・ソフトウェアおよびサービス大手のシックス・アパート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:関 信浩)は、「Movable Type 4」プラットフォームにソーシャル・メディア機能を追加するオプション・ソフトウェア「Movable Type コミュニティ・ソリューション(MTCS)」を、「Movable Type」本体に無償でバンドルし、最新版の「Movable Type 4.2」から統合した形で提供することを発表いたします

Six Apart – シックス・アパートが、Movable Typeにコミュニティ・ソリューションを無償でバンドル

Movable Type 4.2は、現在RC3というバージョンでお試し期間中になっています。このRC3というバージョンから、MTCSの4.2についてダウンロードできるようになっています。
というわけで、試してみました(試してみたのは、Movable Type 4.2 RC3です)。

インストールのウィザードは、あまり変わりがないようです。でも、心なしか動きが速い気がします。

設置すると、こんな感じに。ここらへんは、4.1と大きく変化がないようです。

再構築をしてみます。すると、実際にかかった時間が表示されます。これは、開発者には便利ですね。

出来あがったブログ。今までとデザインが違う!というか、なぜニワトリ?ログインしている人だと、その場で編集ができます。

MTCSでは、新しくブログを作る時に掲示板が選択できます。

実際に作った掲示板。ログインしていると、書き込みができます。
他にも、プロフィール編集や、ウィジェットの追加機能、テンプレート画面の刷新(一覧でズラズラ出ます)、TypePad AntiSpamが同梱されていたりします。
インストールには、MySQLのDB設定を含めて、大体20~30分程度でした。Movabel Type 4.x系を触ったことがある方であれば、問題なくインストールできると思います。気になるのは、実際に運用するときです。このあたりは、ノウハウが必要な印象をうけました。
ブログと、コミュニティを使ったコンテンツを運用したい時に、ひとつのプロダクトで運用が開始できるのは魅力的です。このようなコンテンツ展開を考えている方は、検討材料にしてみてはいかがでしょうか?


■Movable Typeに関するエントリー

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ