広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

国立大学に広報の「プロ」を招く。大学広報も幅広い取り組み

公開日:2008年6月18日

大学の広報・PRも少子化の波を受けてなのか、大変そうです。そんななか、国立大学も広報担当にプロを招き入れているそうです。朝日新聞の記事になっていました。

asahi.com(朝日新聞社):国立大に広報の「プロ」 広告会社・予備校…民間から続々

国立大学で、広報担当者に学外から「プロ」を招く動きが広がっている。広告会社、民間企業の広報担当、科学ライター、予備校・受験産業など、出身はさまざま。少子化や法人化で広報の役割が高まるなか、それぞれの持ち味を生かしながら大学のPRに努めている。

asahi.com(朝日新聞社):国立大に広報の「プロ」 広告会社・予備校…民間から続々 – 教育

この記事で紹介されている内田麻理香さんがブログで、記事を取り上げられています。

こういう記事が出ると「大学広報って派手な仕事なんだ」と思われる方が多いかと思いますが、実態は違います。9割地味で地道な仕事で「ごめんなさい」するのが業務の大半を占めるのでは? なんて。

2008-06-16 – KASOKEN satellite

本当、大変な仕事だと思います。広報の方の仕事ぶりについて「神谷町ではたらく広報マンの独白」としてまとめています。こちらも参考にどうぞ。
大学広報の仕事を、意外と近くで見てきたことがあります。それを見ている限り、地道な仕事なんですよね。けれど、ちょっとしたひと工夫が、一歩一歩効果をあげていく仕事でもあります。逆に怖いのは一瞬で努力した結果が、吹っ飛んでしまうことがあるということです。これは、大学広報ではなくても、企業の広報担当でも同じことかもしれませんね。
大学の場合、受験生、保護者、卒業生、就職活動などなど広報する部分が幅広いこと。企業とは違う動きや流れ・習わしなどもあり、広報活動としても大変だと思います。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ