広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

ネット広告のブランディング効果はどれぐらい?

公開日:2008年4月22日

ネットで広告を出すとどれぐらいの効果があるのか知りたい人は多いと思います。初めて出す方は当然でしょうし、すでに出されている方は、費用対効果があるのか知りたいですよね。今回、広告露出だけでどれぐらいの効果があるのか、ビデオリサーチインタラクティブ(VRI)、NTTレゾナント、マイクロソフト、ヤフーの4社から調査結果の発表があったそうです。

インターネットの利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(以下VRI、本社:東京都千代田区)と、gooを運営するエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社(本社:東京都千代田区)、ウェブプラットホームWindows Live及びインターネット ポータルサイトMSNを運営するマイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区)オンラインサービス事業部、Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(本社:東京都港区)のポータルサイト運営事業者3社は、インターネット広告のブランディング効果に関する共同調査を行い、インターネット広告出稿にクリックスルーレート(クリック率)やコンバージョンレート(閲覧者が購買等の行動に至った割合)などを主体とするダイレクトレスポンス効果だけではなく、ブランディング効果(他のマスメディアでも一定の効果が認められている露出自体による効果)があることが検証できました

ビデオリサーチインタラクティブ | プレスリリース

この調査結果について、「INTERNET Watch」で記事になっていました。

ネット広告の“ブランディング効果”、広告到達者の29.1%が広告を認知

ビデオリサーチインタラクティブ(VRI)、NTTレゾナント、マイクロソフト、ヤフーの4社は21日、共同で実施したインターネット広告のブランディング効果に関する調査結果を公表した

ネット広告の“ブランディング効果”、広告到達者の29.1%が広告を認知

ネット広告でもブランディング効果はあるそうです。効果の目安となる数字が出てきましたね。目安が出てくると、それより上なのか、下なのか?判断基準になるので、効果の具合を探っていくこともできそうです。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ