広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

サイトリニューアルでサイト内検索を設置したスクウェア・エニックス

公開日:2008年4月3日

ホームページのリニューアルを考えた時に、ページ数が多いとサイト内検索を設置したくなります。ユーザーが欲しい情報を探すために、必要になることが多いからです。
ホームページのリニューアル時に、サイト内検索をつけたスクウェア・エニックスについて、ニュースリリースが出ています。

「見える化」サイト内検索のパイオニア、株式会社マーズフラッグ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:武井 信也 以下マーズフラッグ)は、株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田 洋一 以下 スクウェア・エニックス)の公式ホームページ(http://www.square-enix.com/ )にこの度、ASP 「見える化」サイト内検索サービスMARS FINDER(マーズファインダー以下MARS FINDER)の提供を4月1日より開始いたしました

マーズフラッグ、スクウェア・エニックスへ「見える化」サイト内検索サービスを提供 – iNSIDE

スクウェア・エニックスといえば、ドラクエ(ドラゴンクエスト)、FF(ファイナル・ファンタジー)で有名なゲーム会社です。大手のゲーム制作会社なので、非常に多くのソフトウェアがあります。
そのため、サイトから探すのが大変でした。
今回サイト内検索がついたことで、さらに情報へのアクセスがしやすくなった感じがします。
実際に「ドラクエ」で検索すると、ドラゴンクエストのオフィシャルサイトが検索結果に出てきます。このオフィシャルサイトには、「ドラクエ」という単語はHTMLに書かれていません。単純にHTMLを確認して検索しているわけではないようです。
株式会社スクウェア・エニックス
このような機能があってこそ、サイト内検索だと言えるかもしれません。サイト内検索を検討されている方は、検索結果の精度も検討してから、導入が必要ですね。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ