広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

書店がターゲットを女性に絞った理由は?継続した観察でマーケティングに生かす

公開日:2008年3月31日

私は、本屋によくいく方だと思います。町の書店だったり、ブックオフで本を買うことが多いです。そんななか、東京の都心では、女性客を狙った動きが活発だという記事を読みました。

東京都心の書店で、女性客を主要ターゲットにした動きが活発になっている。働く女性向けをうたった店舗が開業したほか、従来の店舗も女性に対応してリニューアルするなど、購買力の高い女性への絞り込みが進む。

Business Media 誠:ターゲットは女性、「購買力」に注目する書店

有楽町以外でも、都内ではスターバックスが隣接している本屋さんも多く見かけます(渋谷や新宿ルミネなど)。その街にはどんな年齢層の人が、どんな目的で訪れるのか?それに合わせて、書籍のジャンルに調整をかけたりと工夫されています。
マーケットのニーズだったり、立地場所の変化を見続けているからこそ、ターゲットに合わせた変化が可能なんですね。ウェブサイトでいえば、旬のネタを用意するだけでなく、アクセス解析やウェブサイトのデザイン変更後の数字を追うことで、満足度をあげることができると思います。
継続した観察の大切さをあらためて感じる記事でした。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ