広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

Safari 3.1 がリリースされたのでインストールして、HTML5も体験してみた

公開日:2008年3月19日

Safari 3.1がリリースされるという噂がありましたが、リリースされたようです。世界最速のウェブブラウザーとPRされています。気になるのは、HTML 5についてある程度の対応をしたことです。

アップルは3月18日、Webブラウザの最新版「Safari 3.1」を発表した。同社が”世界最速”とアピールするHTMLおよびJavaScriptのパフォーマンスがさらに高速に。

アップル「Safari 3.1」Mac/ Windows版をリリース、最速をアピール | パソコン | マイコミジャーナル

気になったら、新しくインストールすればいいじゃん!と思ったが吉日。インストールしてみました。
Safari 3.1
インストーラー画面。
Safari 3.1
Bonjour(ボンジュール)をインストールするか聞かれます。3.1からでしょうか?
Safari 3.1
インストール完了。
Safari 3.1
結構サクサク見られます。世界最速かどうかはともかく、サクサクはしています。
というわけで駆け足でインストールしてみました。
Safari 3.1のリリースで気になっていたことがあります。HTML 5対応についてです。HTML 5の正式な発表はまだ先ですが、ブラウザーでの対応は始まっています。その中で気になっていたのが、ブラウザーにデータベースを用意して、アクセスする機能についてです。

その1つが、ブラウザー側でSQLを使いデータを蓄積 / 検索する「クライアントサイドストレージ機能」。WebKitの最新開発動向を伝えるブログ「Surfin’ Safari」では、昨年10月に実装が報告されていた機能で、WebKitの最新ビルドにも反映されている。

【コラム】OS X ハッキング! (262) WebKitから想像する次のSafari – HTML5を先取り | パソコン | マイコミジャーナル

ということだったので実際に試してみました。
Safari 3.1
ブラウザー上で書いたメモが、ブラウザーを閉じて再起動して、再びアクセスしても残っています。これが、新機能のようです。
Windows も、IE7が配布開始され、つぎのIE8の話が出ています。そこでは、HTML 5の活用について動き始めています。新しいHTML 5がもたらす世界も、間近かもしれませんね。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ