広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

「白い恋人パーク」の駅広告と安全の訴求

公開日:2008年2月18日

北海道土産の定番の一つ「白い恋人」で賞味期限偽装が2007年8月にありました。販売再開まで3ヶ月。現在では、普通に北海道土産として売られているようです。販売量も戻りつつあるようです。

札幌市西区の石屋製菓(島田俊平社長)本社・工場に併設される観光施設「白い恋人パーク」がきょうから営業を全面再開した。

今すぐ!!北海道のニュースサイト BNN [Brain News Network]

そんな白い恋人の駅広告が、東京都内のあちこちで見られます。
白い恋人
北海道の人気お土産ですから、復活を待ち望んでいた方も多いと思います。でもなんだかスッキリとしないのはなぜだろう?と考えると、安全・安心を訴えてくれていないことではないかと思うんです。
ウェブサイトは、広告とは異なります。商品の安全・安心についてどのように考えているのか掲載されています(石屋製菓 – 安心・安全の取組み)。
この取り組みと同じように、商品の安全・安心を訴えるために、東京都内のあちこちに駅広告も出して欲しかったなと思いました。
広告・広報が果たすべき責任について考えさせられる駅広告でした。


■関連エントリー

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ