広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

アメリカ企業のWeb2.0への関心度。すでに導入済企業が24%

公開日:2008年1月10日

アメリカでの話ですが、企業が「Web2.0」と呼ばれる技術についてどれだけの関心を持っているのか、調査結果がITproに出ていました。

米ChangeWaveは米国時間1月8日,「Web 2.0」と呼ばれる技術を企業がどのように利用しているか調査した結果を発表した。それによると,企業が最も関心を寄せているWeb 2.0関連技術は「Wiki」(20%),「ブログ」(18%),「ソーシャル・ネットワーキング」(15%)だった

企業はWeb 2.0関連技術の導入に意欲的,Wiki/ブログ/SNSへの関心が高い:ITpro

この記事で気になるのは、すでに導入にしている企業が「24%」あるということ。案外、導入は進んでいるのかも?と思います。
導入理由も面白く、「社内のコラボレーション環境の向上」がすでに導入している企業も、導入予定企業も理由の一番に挙げているようです。「2008年注目キーワードに「社内コミュニケーション」」というエントリーを書きましたが、アメリカでも社内からのアウトプットを向上させるか?がカギになっているんですね。
社内コミュニケーションを向上させる方法について、関心や実践が高まってきているようです。


■関連エントリー

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ