広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

アクセス解析から考えるトップページの役割はどうなっているのか?

公開日:2007年12月3日

ネットPR.JPのアクセス解析をしていて気になっていたことがあります。一番最初にアクセスされるページはなにか?ということです。

トップページは誰のもの? 現代流の動線に合わせたトップページ再評価法

これまで何度も考察してきたとおり、実際にアクセス解析を行うと、最初にトップページを訪れるユーザーは、今やわずか25%程度しかない。言い方を変えると、トップページを入り口とする来訪者は25%程度なのだ

トップページは誰のもの? 現代流の動線に合わせたトップページ再評価法 | Web担当者Forum

Web担当者Forumに「トップページは誰のもの? 現代流の動線に合わせたトップページ再評価法」という記事が掲載されていました。
この記事では、トップページの持つ役割が変わっていると書かれています。最初に訪れるページがトップページである割合が書かれているのがポイントです。
この割合について、ネットPR.JPで見るときに、それが低いのか?高いのか?という判断をしかねていたんですが、ここには平均数値が出ているので、実際に役立つ記事で大満足でした。
アクセス解析でトップページの見直しを考えている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ