広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

SEOを考えるためYahoo! 、Googleなど検索サイト利用調査結果を読む

公開日:2007年11月22日

ウェブで検索するときに、Yahoo!を使いますか?それともGoogleを使いますか?ホームページ運営者としては、どんな人たちが、どんな検索サイトを利用しているのかとても気になりますよね。そんな気になることについて、調査した結果が出たそうです。

その結果、普段利用している検索サービスはYahoo! JAPANであるとの回答が最も多く、Googleがそれに続いた。また、職業別/職種別/業種別で見てみると、Googleの利用者はYahoo! JAPAN利用者に比べ、専門職や経営者・役員などの割合が高い傾向にあり、Yahoo! JAPANではGoogle利用者に比べ主婦や技術系以外の事務職、販売職などの割合が高い傾向にあることがわかった。

主婦や事務職はYahoo! JAPANを、経営者はGoogleを使う/検索サービスの利用に関する調査 | Web担当者Forum

Googleの利用率が伸びているとのことですが、60%の人がYahoo! JAPANを利用しているそうです。Yahoo!圧勝という感じです。Googleは30%ほどの利用率なので、90%の人はYahoo! かGoogleを利用者ということですね。
また、Yahoo!の利用者は、会社員(事務系)、専業主婦の方が多く、Googleは自由業、会社員(技術系)が多いそうです。
その他にも、年収別や、職種別、それぞれサイトのイメージについて調査されています。いろいろな角度から、検索サイトについて調査しています。特に、検索結果は何ページ目まで見るか?などはSEOを気にしている方には、おすすめの記事です。

photo
SEO SEM Technique vol.3
SE編集部
翔泳社 2007-11-02

SEO SEM Technique Vol.2 SEO SEM Technique vol.1 消えるサイト、生き残るサイト 「SEO11の戦術」で、絶対に生き残れ! Web Site Expert #14 図解 SEO対策がわかる (知りたい!テクノロジー)

by G-Tools , 2007/11/21

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ