広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

50万円以下でCMSを導入するにはMovable Typeが人気

公開日:2007年10月3日

CMSにかけるコストについてWeb担当者Forumで記事が出ていました。
CMSにかけるコストとして、50万円以下が50%以上を占めているそうです。

CMSといっても幅広く、オープンソースのものから数十万円のもの、数百万円のもの、数千万円のもの、さらにはブログツールなどさまざまあるが、CMSの価格帯(導入済み/導入予定)に関しては、「50万円未満」が57%と群を抜いて多く、次いで「150万円未満」が16%、「500万円未満」が4%。CMSの予算は150万円未満という企業が73%を占めている

CMSにかけるコストは50万円以下で依然としてブログツールが人気 | Web担当者Forum

ホームページ(ウェブサイト)運用のエントリー(ウェブサイトの年間の予算は50万円以下が71%)で紹介しましたが、「運用の年間予算が50万円」という企業が大半を占めていました。この時のアンケート対象と企業規模が同じであれば、年間予算分をそのままCMSにつぎ込む感じだと思います。
こういったケースでは、ブログツールをCMSツールとして利用することが多く、利用されるツールは「Movable Type」が多いそうです。やはり、安価でカスタマイズしやすい点がよいのかも知れません。
ニューズ・ツー・ユーも、簡易的なCMSツールとして「Movable Type」を提案しています。理由は、「運用実績がある」「基本パッケージが安価である」「プラグインが豊富にありカスタマイズしやすい」という点です。さらに、企業規模や運用の内容によって、Movable Typeの上位版であるエンタープライズ版をお勧めすることができるのがメリットです。
CMSをうまく使うと、ホームページ担当の労力が軽くできたり、ほかの点にお金をかけることができます。CMSの導入は、お勧めですよ。


■CMS関連エントリー

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ