広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

「ほぼ日リニューアル物語」から考えるホームページリニューアルの難しさ

公開日:2007年10月1日

「ほぼ日」と言ってすぐにわかる方が多いと思いますが、「ほぼ日刊イトイ新聞」というホームページです。
このサイトは、糸井重里さんが中心となって発信しているホームページです。他にも、手帳を発売したり、タモリさんにカレーを作ってもらったり、いろいろやっています。
けれど、ホームページ制作関係者からは、「リニューアルしない有名サイト」という印象もありました。インターネットの初期の頃のようなページで運用されていました。
それが、6月にリニューアルされました。そこにどんなことが起きていたのか?をまとめたコンテンツが出来ています。

ほぼ日リニューアル物語

2007年6月6日水曜日。 構想から、足かけ4年。 プロジェクト始動から2年。 本格始動から1年。

ほぼ日刊イトイ新聞 – ほぼ日リニューアル物語

これを読んでいると、ホームページリニューアルを初めてするときに、どんなことが起こるのかちょっと伝わってきます。
まず、「なぜリニューアルするのか?」という動機付けがされます。これがないと、リニューアルも、なにもかもうまくいきません。目的を達成するために、リニューアルするのですから、目的をしっかり決めています。次に、日々の業務に追われて、リニューアルの話が流れそうになります。これも、ありがちです。
と、いろいろ起きるのですが、実際に読んでいただく方が面白いと思います。特に、最後の部分に出てくる点は、非常に重要です。リニューアルの難しさが最後に出ていると思います。
ホームページリニューアルを考えている方は、ご一読を!


■ほぼ日関連エントリー

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ