広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

ケータイサイトについて7割弱の人がFlashを好む

公開日:2007年8月30日

ケータイでFlashコンテンツを見る気にはなれないのですが、それは少数派だったようです。

IMJモバイルは8月27日、Flash対応の携帯電話向けWebサイトに関する調査結果を発表した。同じコンセプトの携帯電話向けWebサイトをFlash版とHTML版で用意し、それぞれにアクセスした際の印象を質問したところ、Flash版は「見やすい」(74.0%)、「好感が持てる」(71.8%)、「サイトの内容がわかりやすい」(58.9%)という回答が多かった。

Flash対応モバイル・サイトに7割が好意的印象、リッチ・メディアも8割が歓迎 – ニュース – nikkei BPnet

ホームページ・ウェブサイト制作の立場からだと、「Flash版だとパケット代もかかるし、見にくいよ」という話で、終わってしまいます。
ところが、この調査だとそれはちょっと違うみたいです。
もちろん、どんなFlash版とHTML版だったのか?年齢の分布はどうだったのか?気になる点はあるのですが、全体的にFlashコンテンツが好まれる方向にあるのかなあ、と感じられます。
考えてみれば、ブログパーツの大半はFlashですし、YouTubeだってFlashなんですよね。これだけ普及してるんですから、肯定的であって当然なのかも。
そういえば、ケータイの機種交換を考えながらケータイショップに行きました。すると、店員さんとお客さんのやりとりで「ケータイでYouTubeを見られているんですね?」という話が聞こえてきたんです。驚きでした。YouTubeって、ケータイでも見られるのか…。ちょっと年齢差を感じました。
調査結果をみていると、大学などの学校広報では、ケータイサイトにFlashを積極的に使っていけそうですね。もっと、多くの場所でケータイのFlashは使われていくのかも?なんて思います。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ