広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

ウェブがもう少し便利になるかも?形態素解析エンジン「マリモ」

公開日:2007年8月20日

ウェブには、文章があふれかえっています。そのために、良い情報が埋没してしまうこともあります。そこで解決方法として、検索サイト(Yahooや、Google)が出てきています。
検索サイトの利用とは別に、良い情報を埋没させいない方法は、文章を1つ1つ解析(形態素解析)して関連する文章を探し出す方法です。そんな技術について、リリースが出ていました。

ムーター株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:稲村尚志)は、最新のアイデアと技術に基づき開発された日本語解析エンジン(開発コード「マリモ」)の提供を開始します。 昨今のインターネットは掲載されている内容に連動した広告を提供するなど、日本語の解析とそれに基づくサービスの提供が普通に行われるようになりました。

ムーター株式会社 : 画期的な日本語解析製品(開発コード)「マリモ」を提供開始 : News2u.net

今まで手間暇がかかっていた作業を減らしつつ、サービスを利用することができるのが魅力のようです。
専門分野では、結構話題になったみたいです。@ITという専門サイトに掲載されていました。

検索サービスを提供するベンチャー企業のムーターは8月1日、辞書を必要としない形態素解析エンジン「マリモ」の提供を開始した。従来、形態素解析では品詞情報を含む日本語辞書を用意するのが常識だったが、マリモでは、そうした辞書を不要とした。新技術のアプローチと特性について、開発元のムーターに話を聞いた。

辞書不要の形態素解析エンジン「マリモ」とは - @IT

具体的に書かれた記事になっていますね。
形態素解析という分野は、なにやら深い分野のようなのです。以前、セミナーに参加してきましたが、もっと知りたいと思った記憶があります。
知りたいことが、どんどん調べられる技術が育っていくと素晴らしいですね。


■関連エントリー

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ