広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

Google Appsの動きが盛り上がってきている

公開日:2007年8月2日

Google Appsって知っていますか?Googleが提供するGmailや、Googleカレンダーなどを独自のドメインで利用できるサービスです。主に企業向けで、メールやカレンダーなどの機能を社員向けに提供するものです。費用は年間1人あたりいくらか発生するようなのですが、いくつかの価格帯があります(詳しくはこちら)。
Google Appsを企業で導入する例が増えてきています。

米Googleは、日本大学との間で「Google Apps Education Edition」の提供に関して契約したと発表した。日本大学ではこの契約により、Webメールサービス「Gmail」などを日本大学のドメイン名(nihon-u.ac.jp)で学生に提供する。

Google、日本大学にGmailなど「Google Apps」を提供

ライブドアは7月24日、自社サービスの「livedoor メール」にグーグルが提供する無料メールサービス「Gmail」を全面採用すると発表した。8月中旬よりGmailベースのデザイン、バックエンドシステムとしてサービス展開する。

大手ポータル初、ライブドアが無料メールにGmailを全面採用–数千万円のコスト削減に:ニュース – CNET Japan

KDDIは9月より、グーグルのGmailを活用したウェブメールサービスを開始する。PCとau携帯電話のどちらからでも利用でき、受信メールをキーワードで高速検索することが可能だ。

「100年分のメールが保存可能」–au、Gmailを活用したウェブメールを開始:モバイルチャンネル – CNET Japan

企業だけではなく、大学や、ウェブでサービスを展開しているところまで、利用し始めています。
このことについて、インタビューした記事があります。

企業は従業員がメールや文章作成ソフトなどを使うために、年間1人あたりで785ドル使っていますが、Google Appsであればその10分の1のコストで済む。IT投資の80%はサーバ管理などの現状維持に使われているが、企業は今後、その分の投資を革新的なことに用いるようになるでしょう。

Google Appsの日本展開はモバイルがカギを握る:インタビュー – CNET Japan

インタビューの中では、日本での展開はモバイル(携帯電話)について、強く関心を寄せているようです。また、コスト削減についても言及しています。実際、現在のGmailは、ケータイからのアクセスも可能なので、日本の環境にもあったサービスになっていると思います。
Gmailのようなツールが企業全体で使えて、コストダウンにもつながるのであれば、利用を考えてみたくなりますね。いいツールが企業用にも使えるって、何気なく聞こえますが、やっぱりいいことだと思います。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ