広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

YouTubeを使ってアメリカ大統領選挙の討論会が開催

公開日:2007年7月25日

アメリカ大統領選挙の共和党の候補者を選ぶ討論会で、YouTubeを使った質疑応答が行われたそうです。

米CNNが放送した米大統領選民主党候補の討論会で,米Google傘下のビデオ共有サービス「YouTube」を利用した質疑応答が行われた。YouTubeのNews & Politics部門責任者であるSteve Grove氏が公式ブログへの投稿で米国時間7月24日に報告したもの。

米大統領選の民主党候補,YouTubeでビデオ討論会:ITpro

YouTubeを使った点も面白いのですが、CNNが放送した、という点も面白いですね。
テレビ局が、YouTubeを使用した企画を放送するという点が、前例を聞いた覚えがないです(放送したのをYouTubeで流したりすることはありました)。YouTubeと、視聴者と、テレビ局の関係を考えてみたくなります。
有権者(だけじゃないみたいですが)が、質問をしているのですが、YouTubeだけじゃなく、Twitterや、blogでも質問できたら、いいのにと思ってしまうのは、ワタシだけでしょうか。
日本では、なし崩し的にウェブでの選挙・政治活動が行われています。だいぶ違いますね。
※今回の番組で使用したページは、

のようです。


■関連エントリー

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ