広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

オープンキャンパスから考えるネットPRで大切なキーワード選び

公開日:2007年7月13日

ネットPR.JPのコンテンツに、「広報室訪問」というのがあります。そこには、様々な企業の広報室に伺い、そのインタビュー記事を掲載しています。
その中で、夏になってきて検索でたどり着く方が増えているエントリーがあります。それは、「【神奈川工科大学】正しい理解を得ることは、大学のためだけでなく、何よりも学生のため 」についてです。
どうやら、夏になってきて「大学名+○○○」で検索してくる方が多いようなんです。
季節ものの検索キーワードなのかもしれません。検索されているのは、受験生の方でしょうか。
この季節の大学に関連するキーワードで、大学側が受験生(保護者)に向けて用意する「オープンキャンパス」が考えられます。
さっそくオープンキャンパスについて「」で調べてみました。

やっぱり、書かれている時期は夏が多いですね。大学進学に一番迷う時期なんでしょうね。関連するキーワードも「大学」「夏休み」「行ってきました」「行った」というのが多く、受験生が感想を書いているのがよくわかります。書かれているのは、無料のサービスで書かれているのが多く、独自ドメインでブログシステムを用意して、というのは少ないようですね。
逆に、大学側はどんなキーワードを出しておくと、オープンキャンパスについて関心を持ってもらえるのでしょうか?「Google AdWords: キーワード ツール」で、「オープンキャンパス」を調べると、大学名が並びます。あと、開催時期や、学部名が出てきます。
受験生の気持ちになれば、行きたい大学について知りたいのでオープンキャンパスに行くのが自然です。検索キーワードも、そうした傾向が出てくるわけですね。
やっぱり大学について興味を持ってもらえないと、来てもらえないのか、というとそうでもないです。
まず、学部名や、分野名で来ている方には、今は迷っている受験に対して有効です。あと、ポイントは、「オープンキャンパス」というキーワードを選びましたが、「学校説明会」「進学説明会」で検索する人もいます。実際、Googleに登録されているのは、「進学説明会」の方が「オープンキャンパス」よりも多いです。ここについても、補っておくといいかもしれませんね。
キーワードを一つだけに絞り込むのではなく、どうやったら有効なキーワードなのか調べるのが大切です。見つけたキーワードを、リリースや、ホームページに忍び込ませると、よく検索されるリリースや、ウェブサイトになるのではないでしょうか。


■関連エントリー

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ