広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

Yahoo! JAPANがトップページを2008年にリニューアルする衝撃

公開日:2007年7月6日

ネットPRを考えるときに、ホームページの役割は大きいです。ネットPRのネットの部分にあたるところですから、気になって当たり前かもしれません。
そのため、普段、「Broadband Watch」をザット目を通しています。すると、非常に気になる記事がありました。

今回のトップページリニューアルでは、「作り手本意なページから、お客様目線のページへ」をコンセプトに作業を実施。現行トップページの2ペイン構造から、3ペイン構造へとデザインを変更。画面サイズも横幅700ドット強から900ドット強へと変更される。

Yahoo! JAPAN、2008年にトップページを3ペイン構造へとリニューアル

リニューアル自体は、そう気になりません。いろいろなサービスも増えていて、デザインのタイプも増えています。そこで、リニューアルを考えるのは自然な流れだと思います。
ただ、気になったのは、「画面サイズも横幅700ドット強から900ドット強へと変更」というポイントです。
ホームページを制作するときに、見た目(グラフィック)を用意するときには、大体横幅700ピクセルぐらいにします。これは、800×600の画面で見られている方でも、横スクロールが出ないサイズを想定しているためです。このサイズが長い間定番として定着していました。
ところが、最近、もう少し横幅のあるサイトが増えてきました。
ITmedia」や、「デジタルARENA 」「Excite エキサイト」などがそうです。
ポータルサイトでも横幅を広げて、1画面あたりの情報量を増やしています。画面の想定は、1024×768なのでしょう。以前書いた「Appleホームページリニューアルは、魅力的なリニューアル」で書いていませんでしたが、Appleも横幅を広げているんです。Appleは、商品写真をより大きく魅せるためにも、広げたのかもしれませんね。
これが、Yahoo!が横幅を広げてくるとなると、インパクトが違います。
Yahoo!は、多くの人に見てもらうための対策をしているそうなので、画面の想定が1024×768に変更したということになります。ネットPR.JPでは、1024×768より大きい画面で閲覧している方が、アクセス調査で多くいることがわかっています。
今後のホームページのリニューアルを考える場合、横幅について今までの慣習にとらわれず考え直してみる必要がありそうです。


■関連URL

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ