広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

Wikiが企業コンテンツとして使われる@GLOBIS.JP

公開日:2007年6月18日

気になるニュースが出ていました。「MBA経営辞書」を公開した、といものです。これってどうやってオンラインに用意しているんだろうと気になって、ニュースを見てしまいました。

経営教育事業などを運営するグロービスは6月13日、同社が運営する経営情報サイト「GLOBIS.JP」において、国内ビジネススクール初となる、700語におよぶMBA(Master of Business Administration)関連用語を掲載するサイト「MBA経営辞書」を公開した。

グロービス、業界初のオンライン「MBA経営辞書」を提供 – CNET Japan

ニュースと同じ内容が、News2u.netからもリリース(株式会社グロービス : 業界初 ビジネススクールが提供する、700語におよぶオンライン「MBA経営辞書」オープン : News2u.net)が出ていました。
このニュースが気になった理由は、ネットPR.JPも「ネットPR用語辞典」というコンテンツがあり、どうやって見せたらわかりやすいか、模索していこうかと思っていた矢先だったからです。
MBA経営辞書」を実際に見てみると、URLでわかりました。「Wiki(ウィキ)」が使われているんですね。
MBA経営辞書
「Wiki(ウィキ)」は、「ウィキペディア」で、使われているシステムです。多くの人で、ひとつのページを更新できるシステムです。Web2.0の一例にもよく出てきます。
これを、「MBA経営辞書」でも利用しているようです。ただ、そのまま「Wiki(ウィキ)」を使うと、多くの人で更新されてしまうので、更新できる人を限ったシステムに変更して、活用しているようです。
Wikiは、使ってみようとすると、少し敷居が高いシステムです。けれども、複数人で書類や、文章を更新していくのには、最適なシステムです。使いだせば、少しづつ、コンテンツがたまって、資産となっていくのは、ブログと似ていますね。
企業のコンテンツで、独自の用語がある業界であれば、Wikiを活用してコンテンツ提供する側になれますね。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ