広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

ブログの運営を改善する9つの方法@第一回AMNブロガー勉強会

公開日:2007年5月14日

5月11日にNews2uのセミナールームにて、「第一回AMNブロガー勉強会」に飛び入り参加しました。

今回はそんなテーマで、「ブロガー勉強会」を開催してみたいと思います。 株式会社ニューズ・ツー・ユーさんのご好意で会場をご提供いただきましたので、参加費は無料です。

第一回AMNブロガー勉強会の開催について (Agile Media Network | blog)

4月からネットPR.JPのエントリーを書き始めたワタシは、ブロガー(書き手)としてのノウハウ不足のままで参加してきました。
実は、こうしたイベント自体への参加が初めてで、緊張していたのは内緒です。
今回のイベントは、ブログを始めると気になる、考えてしまうことについて、みんなで考えてみましょう、という意見交換会でした。今回は、3つのテーマ(「習慣にならない。疲れる。」「時間がない。」「読者が増えない」)について意見交換をしました。その中でいくつか気になったのがありました。
■Googleに書いてあるであろうタイトルで、検索をしてネタ探しをして、エントリーを書く。
これは、Googleの英語版では自然文検索ができるそうで、そこからネタ探しをするというもの。
この発想方法には驚きました。
■自分で毎日書くとルール化した
私の場合、会社のブログという側面があるので毎日書いていますが、ルール化してもなかなかできないですよね(個人的には、日記なら毎日書けるというか、書いているんですけれど)
■書いていると色気づく
エントリーを書いていると、AdSenceとか、Amazonとかちょっとしたご褒美が気になってきて、エントリーの内容も、色気づいたものになってしまう。
■質より量?
エントリーの内容を下調べして、調査して書くと時間がかかり、続かない。けれど、直していく事もあり!として、とりあえずエントリーにしてしまうのもいいんじゃないか?
ネットPRの場合は、複数人で書いているので、質の人と、量の人でかき分けているので、これを組み合わせた方法で運営しています。
■上司がblog(ブログ)を書いていると書きやすい
上司は、ブログ書きまくりなツンデレ社長なので、これは納得。
■他の人のは、「あとで読む」
イベントなどに参加して、感想やレポートを書くときは、自分で書いてから、ほかの人の記事を読むと、いい。メディアの人などは、盗作にならないように、気をつけているそうです。
■メディアにトラックバック
ITmedia」や、「CNET Japan」の記事に関連したことを書いたら、そこにトラックバックをすると、そこから流れてくる人がいる。これは、数字で確認できているので、実感しました。
■ブックマークを活用する
自分が書いたエントリーをブックマークしたり、有名な人のブックマークツールに入るようにしたり、工夫している方がいました。「はてブ」でブックマークされると、PVが増える、という説もあれば、変わらない、という人もいて、いろいろ。
ちなみに、ネットPRでは、はてブが多い記事については、ちょこちょこアクセスがあるようで、ロングテール化しています。
■普段書かないエントリーを書いたら、人気が出た
これ、わかります。力を入れたら、空回り。力を抜いたら、大当たり。
■勝手にシリーズもの
自分の中で勝手にシリーズ連載のように書いているエントリーがあると、ネタがないときに、書くことができるという話。ワタシもありまして、Firefoxの機能拡張の話は、シリーズ連載です(勝手に)。
他にもいろいろありましたが、次回も開催されるようです。
また、参加させていただければと思います。
関連するブログ

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ