広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

エビちゃんと、えびちゃん。たまに、マクド

公開日:2007年3月12日

世の中には、あだ名とか、俗称ってたくさんありますね。弊社の社長も、「ツンデレ社長」とか、呼ばれるようになってきているらしいです。社員には、デレデレ社長であって欲しい、というのは贅沢でしょうか。
ふとしたことで、あだ名はついてしまいますが、あだ名は、あっという間に広がるもの。世の中の検索システムも、あだ名には、敏感なようです。
「エビちゃん」でgoogleで検索してみると、「約1,470,000 件」
「蛯原友里」でgoogleで検索してみると、「約1,300,000 件」
「蛯原」でgoogleで検索してみると、「約 1,460,000 件」
というように、あだ名の方がヒット率がいいんですね。
あだ名重要」です。
実は、ワタシ、「えびちゃん」で最初検索してしまいました。
そうすると検索結果は、ファンの方のサイトが1位になり、公式サイトは2位になります。
これって、なんだか残念ですよね。もし、商品ならば機会損失です。
同じようなことって他にもあって、「マック」と「マクド」。マクドナルドのことを、関東では「マック」。関西では、「マクド」と呼ぶことがあります。
これらのgoogleでの検索結果は、マクドナルドの公式サイトが1位になりますが、広告が異なります。
マクドナルドのアルバイトについての広告が出るのですが、「マック」のみ広告が出ます。費用面もあるかもしれませんが、「マクド」にも広告を出せば、アクセス数は上がる可能性大きいですよね?
そんなわけで、あだ名も、たまに気にしてみてはいかがでしょうか?
ちなみに、「エビちゃん」を検索した理由は、とある人の机の上に、「AneCan」という、とんでもなく分厚い雑誌が置いてあったからです。あの厚さ、立てても置けるような気がします。
関連リンク
ツンデレ社長がGoogle1位を目指すそうです

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ