広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

【株式会社ネットプラン】五感で感じる創造空間を伝えたい。

公開日:2007年1月25日

湯浅 勇(ゆあさ いさむ)

Company profile
株式会社ネットプラン
設立 1992年7月
所在地 東京都新宿区西新宿7-3-7 大塚商会新宿ビル内
資本金 4億円
代表取締役社長 武田 幸雄
事業内容
◇◇トータルオフィスプランナーとして、ネットワーク工事からインフラシステム構築と電気・内装・空調工事、オフィスレイアウト設計・移転・什器の販売まで、オフィス環境に関わるすべてを提供いたします

Keyperson’s Profile
湯浅 勇(ゆあさ いさむ)氏
不動産会社から空調設備監督業、電気工事士などを経て、1997年に株式会社ネットプランに入社。入社後は営業部を経験、2004年に営業企画課に配属。現在、自社が取り扱うセキュリティ商材の専任スタッフとしての活動や、セミナー講師、フェアの企画・運営、 Webサイト運営管理、広報活動などの業務に関わっている。

***

―御社の事業概要についてお聞かせください。

弊社はオフィスのソリューションサービス事業を全国展開しています。チェア1脚のセレクトからインフラ構築、オフィスビルのリニューアルなど、オフィス全般を手がけ、「真の快適空間創り」をモットーにお客様が求めるオフィス空間を提案しています。

―現職にお付きになったのはいつですか?

不動産会社から空調設備の監督業などを経て、現在の会社に入社しました。入社後は営業企画課で、主に商材の展示会企画運営などを担当しています。弊社は専任で広報担当を設けていないので、私が兼務で広報を担当しています。

―湯浅さんは現場での経験がご豊富でらっしゃいますよね。そのことが広報に役立たれていますか?

それはとても強く感じますね。我々の業界は専門用語が多くて、そういった意味で、現場とステークホルダーの中立的な立場として、現場経験と知識は役立っていると思います。

―日々のお仕事についてお聞かせください。

主に、展示会やイベントの企画運営、リリース作成、社内各部署と情報共有などです。現在は営業企画課で広報業務を兼務しています。スタッフは5名いますが、広報を兼務しているのはそのうちの2名です。営業企画課が軸となっているということで、販売促進を目的とする反面、現在は2005年1月に立ち上げた創造空間「avanzare」(アヴァンツァーレ)と「ネットプラン」の認知を広めるブランディング構築の段階だと思っています。

―こちらのオフィスはとてもおしゃれですが、ショールームでもあるんですよね。

ありがとうございます。弊社は会社自体がショールーム<http://www.net-plan.co.jp/liveoffice/concept/index.html> であり、自社オフィスを「創造空間」としてとらえています。例えば固定席を設けない「フリーアドレス」を導入し、便利な点と不便な点を社員自らが体験します。そうすることでお客様へより細かい提案ができますよね。また、弊社の業務は役務が中心なので、机上での説明だけで理解いただくのは難しいと思います。そこで、弊社のオフィスをご覧いただき、お客様の五感で感じていただくことが、最短の近道と思い「avanzare」(イタリア語で「前進する」)という名称でショールーム化いたしました。

―日頃、業務で気をつけてらっしゃる点はありますか?

ニュースリリースはできるだけ専門用語を使わず、噛み砕いた文面になるように心がけています。弊社はインフラ構築やオフィスデザインが主ということでBtoBですが、ことニュースリリースに関しては、読み手側の一人称に向けたBtoCでありたいと思っています。ニュースリリースはどうしても堅苦しい文面になりがちですが、いかに気軽に読んでもらえるかに気を配りながら作成していかなくては、と考えています。

―今後の目標を教えて下さい。

現状の活動に加えて、自社ウェブサイトへの集客を図りたいと思っています。弊社の業務は視覚的に伝えることで理解してもらえる部分が大きいので、ウェブサイトの充実は必須です。そこにニュースリリースをうまく連動させて、お客様の集客を図っていきたいと考えています。

―本日はどうもありがとうございました。

■株式会社ネットプラン■
URL http://www.net-plan.co.jp/

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ