広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

【株式会社クララオンライン】全社で“改革宣言”実施中です

公開日:2006年12月16日

PHOTO

   MEMO

Keyperson’s Profile
いえもと・けんたろう
1981年(昭和56年)生まれ。小学生時代から株式市場・経済に興味を持ち、14歳ではじめてインターネットに関心を持ち、1997年5月、レンタルサーバサービスのクララオンラインを設立。
1996年、手術後の事故で車椅子生活を余儀なくされる。1997年8月には15歳で大検(文部省大学入学資格検定)に合格。
また1999年に入り両足の運動神経が回復、車椅子無しでの生活が可能に。
1999年1月、米Newsweek誌にて「21世紀のリーダー100人」、
2000年9月、新潮社「フォーサイト」で「次の10年を動かす注目の80人」に選ばれる。
2001年9月慶應義塾大学環境情報学部に入学、同在籍中。愛知県名古屋市在住。
著書に「僕が15で社長になった理由」(ソフトバンクパブリッシング)。

― 東京と台湾に同時に事業所を設立されたんですね。
 台湾の台南市でWeb ホスティングマーケットの営業を開始しました。これからは東京本社、名古屋本社、藤沢市のサテライトオフィスの4拠点です。

― 「元気な地方ベンチャー」というイメージでしたが、急ピッチな拡大の理由は?

 1998年の会社設立以来、自分たちで納得できるサービスを提供したいという理念から営業姿勢はプル(受け身)でした。社内の雰囲気も、「マイペースの地方ベンチャー」だったと思います。しかし、創業7年、私も今年で23歳、新卒の社会人と同じ年齢になったのを契機に、プッシュ(能動的)の体制を作っていこうと決心したんです。昨年10月に「改革宣言」をして、事業拡大への準備を始めました。インターネットは地域性がないとはいえ、トラフィックも都心に集中しています。事業拡大に伴い、定期採用も積極的に行っています。

― 順調に拡大している様子ですが、ビジネスモデルは今後どう変化を。
 ホスティングや新製品の販売などを順次行っていますが、サーバサービスが基幹であることは変わりません。国内市場は価格競争になっている。私たちも最初は安価なサービスを提供していましたが、各社がコスト削減と廉価サービスを繰り返すうち、業界全体が静かになってしまったと感じています。

― クララオンラインの強みとは何でしょう。
 当社にはインターネットの商用利用初期からの経験値とノウハウがあります。他社から当社に切り替えたお客様が、当社以外のサービスに切り替える割合は0.1%です。これからはプライスリーダーから、サービスリーダーにシフトしていきます。
若いスタッフの柔軟性に加えて、海外からの求人申し込みが増えています。年齢はもちろん、国籍、性別、学歴などの表面的な違いによる採用の差別は一切ありません。求人ページを通じて、スキルをもった人たちが各国から集まってくる。データセンターオペレーションはアジア、ヨーロッパのスタッフが戦力になってくれています。

― キャリアがたいへんユニークですね。15歳で起業、下肢の障害の克服、アメリカの経済誌Newsweekで「21世紀のリーダー100人」に選ばれ、関西テレビでレギュラー出演もされた。まず、トップが有名になる企業はあまり例がないと思いますが。
 新聞や雑誌、テレビ、私自身も本を書いて、ずいぶんメディアの露出はありました。広告費に換算したらすごかったと思います(笑)。名前が知られた反面、そのお陰で厳しい意見や批判もいただきました。「会社が消えても、世の中に影響はないんだ」と見方が変わりましたね。貴重な勉強をさせてもらいました。

― News2u.netのオンライン広報サービスに期待することは。
 これまでは、お客様に出すべき情報、プレスに出すべき情報の選別もできていない状況でした。会社としての広報体制づくりは、まさにこれからです。国内外にプロモーションし、ネットワークを広げ、優秀な人材を集める。プレスとの関係づくりは重要です。適切な配信先に情報発信できる御社のサービスを活用していきたいと思っています。オンラインメディアへの掲載が保障されている点も、効果を期待したい点です。

― ありがとうございました。

 ■株式会社クララオンライン■
      URL http://www.clara.co.jp/

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ