広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

【有限会社ティーコレクションズ】本当のヨーロッパの家庭料理の味をオンラインで日本の食卓に

公開日:2006年12月16日

PHOTO    MEMO

ひしだ・ひろき
学習院大学、経済学部卒(1972)。
卒業後、米国ワシントン、ジョージタウン大学及びアリゾナ大学にて、マーケティング研修。
帰国後、日本DFS(免税店)にて15年間セールス・マネジャーとしてアジア、オセアニア、北米地区の販売促進を担当。
その後、英国陶磁器メーカーの日本法人代表、フランス調理器具メーカーのブランド・プロモーション、IT関連事業に従事、現在に至る。

― フランス製ホーロー鍋の「DIVA(ディーバ)」のリリースでご利用いただきました。オンラインの配信サービスを選んだのは何故ですか?
「まず起業の経緯からお話すると、私の前職は輸入製品の国内販売代理店で、ワインオープナーなどのキッチンウェアを扱っていました。広告・宣伝、展示会での実演販売、カタログ制作まで、販促業務を一人でこなしていたのです。取り引き相手は全国の問屋やバイヤー。
一般消費者とは違い、ブランドの知名度や商品の魅力に加え、コネクションが大切です。ベテランの問屋さんは販促のノウハウを豊富に持っていて、ディスプレイや展示の仕方など逆に教えてもらうことも多かった。しかし、1990年代後半から業界は変化していきました。消費低迷に加え、主力製品だった欧米製品に変わって安価な中国製品がシエアを伸ばしてきました。
いずれ代理店とバイヤーのリレーションも変わっていく。「新しいチャンネルを開拓しよう」と模索し、私なりの答えがインターネットだったのです。」

― オンラインショップを開業するということでしょうか。
「いえ、バーチャルモールは既に珍しくありませんし、大手と競争できるウェブサイトを開設する必要もない。最初のハードルは製品の知名度アップ。一般消費者だけでなく、問屋、バイヤー全てに広く知ってもらうことです。この業界でオンライン販促は後進なので、ベンチャーでも注目を集められる、と考えました。
「ディーバ」は前職時代から売ってみたかった一品です。南フランスブームや「スローフード」の流行もありましたし、熱効率に優れているので省エネルギーで家計にも優しい。使い込むほど味が出るのがあちらの調理器具です。これらの特長を、情報サイトや電子メールでのアピールすることでした。」

― ストレートに情報発信するなら、広報より広告のほうが適切では?
「鍋は家電製品と違い、広告をうってもなかなか購買に結びつかないという課題があります。第三者の目を介して記事に取り上げてもらうことは、信頼性という面からもたいへん重要でした。もう一点、私がオンライン広報サービスを選んだ理由は、「News2u.net」のウェブ掲載です。上場しているIT企業の間に当社のリリースが載れば、かえって目をひきつけるだろうと。

実際のところ、3本リリースを出した後、目立った反応は無かったのです。テレビドラマのタイアップも考えたのですが、高額過ぎて諦めるしかありませんでした。しかし、翌年の初めに「日経MJ」で写真付きで記事に取り上げられたのを皮切りに、しだいに取材依頼や問い合わせが舞いこみ始め、私自身も編集部に積極的にコンタクトを取りました。すでに20件以上の新聞や雑誌のほか、ELLE a table(エル・ア・ターブル)オンラインなど、コアターゲットのサイトで紹介されています。」

東急ハンズやロフトに卸すようになってからは「DIVA」と商品名での問い合わせが増えてきました。スペイン製の「Magefesa(マグフェッサ)」という調理器も扱い始めました。世界50カ国で使われている製品で、本格的なパスタやパエリアが楽しめますよ。

― ところで、ウェブサイトやe-CRMにはもともと詳しかったのですか
「代理店でテレビ会議用のシステムを扱った経験があり、基本的な知識はありました。しかし自分で始めるのは大違いですね。ドメイン取得や、SEO(検索エンジン最適化)を勉強したり、頭を抱えながら少しずつ吸収しています。
当社が目指すのは「ティーコレクションズ」を、良質で本物のキッチンウェアを提供するブランドとして確立することです。中国製品も扱ってみたいし、インターネットの可能性もまだまだ広がると思います。」

― なんだか久しぶりに料理が作りたくなりました(笑)。ありがとうございました。
 ■有限会社ティーコレクションズ■
      URL http://www.t-colle.com/

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ