広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

【株式会社ナナ・コーポレート・コミュニケーション】当社のサービスを担当者に実感していただくことが最大の広報

公開日:2006年12月16日

PHOTO    MEMO

とよだ・けんいち
大学卒業後 株式会社リクルートに入社。経理や営業、総務、事業の予算管理を担当。その後、株式会社魚力に入社。総務課長として本社移転、株式公開を経験する。
2001年1月、株式会社ナナ・コーポレート・コミュニケーションに入社。
取締役総合事業開発室長として、スタッフ部門向けおたすけサイト「sos-soumu.com」の運営、社内誌編集サポートサービス「Commu-Suppo」を運営している。
大阪府出身。

― 「会社と個人の元気を応援する」という明確な企業理念を打ち出しておられますが、具体的な事業内容との関連性をお聞かせ下さい。
「会社(組織)の元気は、そこで働く個人の元気です。厳しい時代だからこそ、社員ひとりひとりが高い問題意識を持った、活力ある組織作りのための変革が要求されています。当社を創立した代表は、かつてリクルート社で社内誌『かもめ』を創刊、編集長を務めたことから、「社内誌」が社員の問題意識を高め、また会社経営にとっても重要な戦略ツールと考え、その編集ノウハウを事業の礎としてきました。」

― 社内誌以外にも多方面に事業展開されているようですが、最初に社内誌事業について詳しくお聞かせ下さい。
「社内誌の創刊、リニューアルのコンサルティングから、取材、制作、納品まで、ご依頼いただいた各社のご要望に応じて、フレキシブルに対応しています。一言では言えないのですが、社内誌が担う役割は、トップダウン型と問題提起型のふたつに大きく分けて考えられます。まず、経営者サイドの意向を組織内に徹底し、組織内のベクトルを合わせる意味でのトップダウン型。そして、組織内の各セクションの交流、人材発掘から、各現場、各ポジションの課題を捉えた問題提起型です。」

― 問題提起型というと、具体的には?
「例えば「社内の常識は、社会の常識か?」という人気企画がありますが、現場の変革の活力は、こうした自社の習慣や、業務内容を見直そうという問題意識から生まれます。現場の意識変革や創造力を促進させ、それを経営者サイドがくみ上げるために、社内誌こそが大いに役立つ貴重なツールになるのです。その編集、制作をサポートするのが当社の事業です。」

― スタッフ向け専門雑誌『月刊総務』を出版されていますが、これも企業の元気をサポートするという理念から出発された事業ですか?
「そうですね。コーポレート・コミュニケーションの社名通り、活力ある社内運営の中枢を担う「総務」をサポートするのも当社の創立理念に基づいた事業のひとつです。」

― たしかに組織の活性化における総務の役割は大きいですよね。一般的に総務が抱える課題とは何だとお考えですか。
「総務は社内全体を管理するジェネラリストとしての役割と、実務として扱う分野が広いうえに、専門的なスペシャリストとしての役割を同時に担うセクションですから、相当の人材を抱える大企業でないかぎり、個人の努力だけでは成果に限界があると思います。備品の発注から税金、補助金、予算管理まで、対外的に各分野の専門家と交渉するには、それら専門家に匹敵する知識や情報を持っていなければなりませんね。まして他社との提携や情報共有はしにくい。環境もそれぞれ違いますしね。そのための専門知識や実務的な情報を提供する雑誌が『月刊総務』です。」

―スタッフ部門向け専門サイトとして、ネット上で「sos-soumu.com」や「Commu-suppo.net」(詳細は下記URLを参照ください)を展開するとともに社内の活性化を促すサポート業務以外にも、幅広いジャンルの書籍を出版されていますね。
「会社、個人の元気を応援する」の個人を対象にした事業です。絵本からビジネス書、小説まで、個人の生活を豊かにするコンテンツをそろえています。」

― 最後に、社内広報のエキスパートである御社のお立場から、御社の社外広報に対するお考えをお聞かせ下さい。
「社外であれ、社内であれ、まずは「自社の商品・サービスへの理解」が重要なポイントだと考えています。社内広報や総務を含めたスタッフ部門へのアプローチになりますから、当社のサポートの意義や広がりをクライアント各社に実感していただくことが最大の広報ということになります。
また、今後は業界業種を超えた各社スタッフ部門間の情報交換、合同セミナーなど、リレーションシップの動きを活性化させることも課題だと考えています。つまり現状への問題意識を持って、それを解決するアイデアを生み出すという理念を、社内社外を問わず実践して行こうというわけです。」

―ありがとうございました。
 ■株式会社ナナ・コーポレート・コミュニケーション■
     TEL 03-5312-7472
      URL http://www.nana-cc.com
      ◇sos-soumu.com   http://www.sos-soumu.com/
      ◇Commu-Suppo    http://www.commu-suppo.net/

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ