広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

【株式会社プライムリンク】情報を発信し続けることが会社のブランディングに

公開日:2006年12月16日

PHOTO    MEMO

あさい・けいぞう
大学卒業後
商社勤務を経て
2000年「株式会社プライムリンク」入社。
主に営業企画、広報を担当。

―御社のサービスについて簡単にお教えください。
「国内の高級ホテル、旅館を中心にした予約サイトを運営しております。これまでホテルの予約サイトと言えば、ビジネスホテルが中心でしたが、それら既存のサイトとの差別化を図り、高級シティホテルや高級旅館に特化したサービスを展開し、サイトの特性を出しております。現在会員数は15万人ほどです」

―浅井さんにとって、このサービスの魅力は?
「まずは、これまで敷居の高いイメージの高級シティホテルを、インターネットの特性を生かし、24時間いつでも、情報検索、空室検索、オンライン予約、キャンセルが可能、しかも割引料金で宿泊可能という部分です。しかも、ホテル側が、稼動状況によって、自在に価格を変更でき、それがユーザーへ即座に反映されるので、場合によっては、60%OFFで予約できる場合がございます。また、これまでの予約データを分析すると、予想以上に、都内の方が、週末に都内のシティホテルで過ごす、といったような需要が増えており、シティホテルの利用の仕方も変化、多様化してきており、今後、ネットの特性を最大限に生かし更に情報発信していけば、新たな顧客層を開拓でき、市場が広がるのではないかとも思っております」

―広報活動はどのようになさっていますか?
「小人数の会社ですから、限られた社員で、サイトのコンテンツ拡充と同時に広報活動も行うという体制ですので、特に専任の広報スタッフはおりません。サイト立ち上げ時に、まずは、認知させることを目的として、インターネット上の広告を集中的に出しました。その後、サイトのコンテンツ量、認知度、会員数が目標に達した後に、ターゲットを絞り告知しました。具体的には、ターゲットとしている40歳前後の購買力の高い層や、30歳前後の可処分所得の高いOLを会員として抱えている専門サイトへ、ホテル予約のコンテンツ提供を進めつつ、PR会社と契約を結び、紙媒体に対してリリースを頻繁に流しました」

―御社にとって、広報活動の重要性は?
「旅行業というのは、一般的に薄利な業種です。よって、広報や広告費にかける経費の割合は限られています。現在、広報活動については契約しているPR会社にその殆どを任せ、リリースの企画制作から送付、フォロー等、非常にきめ細やかな対応をしていただいています。しかし、PR会社との契約は、弊社のようなベンチャー企業からすると、その固定費がコスト的に高い。費用対効果も数字としてはじき出せない部分があります。しかし、費用対効果が数字として出るネット広告とは違い、認知度、サイトのブランディング等、絶対的に必要な「目に見えない効果」があります。さらに、PRの部分は、まだ人のネットワークによるものが大きく、リリースも、ただFAXで流されてきたものを記者が取り上げることは難しいとも聞きます。その一方で、情報は常に発信していかないと、サイトのブランドは確立できない。経費と効果を考えて、より効率的な広報については、現在模索中といったところです」

―今後望まれる広報関連のサービスはありますか?
「送ったリリースについてのレスポンス、効果検証的な仕組みや、媒体側が欲している情報を、検索、閲覧でき、効果的に企業側と媒体側をマッチングできるサービスがあると、我々のようなPR予算の少ない会社には嬉しいです。なかなか難しいところですが」

―ありがとうございました。
 ■株式会社プライムリンク■
     TEL 03-5409-8721
      URL http://www.ikyu.com/help/company.htm

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ