広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

貴方の会社のプレスリリース、そのままで載りますか?

公開日:2007年2月16日

 社を挙げての新プロジェクトが堂々完成! プレスリリースでPR戦略の開始です。雑誌や新聞に取り上げられれば企業イメージは上がり、販売促進もグンとスムーズになります。一方、マスメディアには毎日膨大な情報が寄せられるため,リリースが必ず記事になる保障はありません。記事どころかゴミになってしまうものが、実は予想以上に多いのです。
News2uでは、企業に密着した専門紙各社に直接、「読める/読みたくないプレスリリース」の条件を聞きました。
( )は業種

PHOTO

 おびただしい情報を取捨選択しニュースを伝える記者や編集者は、PR用語で「gatekeeper(門番)」と呼ばれます。専門紙へのプレスリリースは、記者個人宛てに送られてくるのが大半。企業と記者が普段からパイプを持っていれば、記事になる確率も高くなります。「リリースの8割は、以前から記者との信頼関係ができている業者。新規は2割未満」(飲食)ということを、まず意識してください。リリースの扱いは媒体や記者個人の姿勢にもよりますが、例えば盆休み前の「記事溜め」時期だと「自分あてに届いたものしか見ない」(繊維・皮革)「”飛び込み”に割く余力はない」(交通・車両)と新規参入には厳しい結果になります。しかし、必要な条件を知っておけば、メディアは「開かずの門」ではありません。

読みたくないリリースってどんなものですか?の問いに、業種不問で最も多かった回答が「記事になる内容がない」でした。「何がニュースなのか分からずに闇雲に投げられるのは困る。担当者は業種の市場動向や社会情勢にアンテナを張っていないと。うちの新聞をお読みください、と言いたくなる」(水産)。他に代表的な嫌われる点を上げると「長すぎる。A4用紙2枚分で十分。足りなければこちらで補足取材できる」(鉄鋼・金属・ゴム)「プレス対応が悪い。広報の問い合わせ窓口が明記されていなかったり、担当者名が書いてあっても連絡がとれない」(エネルギー)など。意外なのは「世界初,業界初」というフレーズは効果が低いこと。多用され過ぎて、却って埋没してしまいます。
目を引こうと虚飾を交えたり、似たようなリリースを頻繁に送ったりするのも逆効果。ゴミ箱に直行です。
いずれも常識の範囲内の話ですが、何故か嫌われるリリースはなくならないのです。
広報スキルのある企業とそうでない企業を、記者は敏感にかぎ分けます。

自社のホームページ(HP)を開いている企業はもはや珍しくなくなりました。ページのURLを記載しておけば、記者はリリースと併せてそこから必要な情報を補足できます。ニュースリリースを発表順に表示するプレスルームがあれば、さらに重宝されます。
ただし、ページのコンテンツ(文章、画像などの内容)技術は日々進化しており、場合によっては裏目に出ることに。「立ち上げて以来一度も更新していないようなページは問題外。地方の企業だと意外に多い」(造船)。他にも記者発表から数日遅れてリリースをアップしている、リリース発表後にページを見たら工事中だったーなど、初歩的なルールを守っていないケースが少なくありませんでした。
一見、完成度の高いページも、リテラシー技術だけでは信頼されません。発表した日付や数字などに誤記があれば、発信元はページ上ですぐ修正できますが、誤ったデータを記事にしてしまったメディアは「誤報」として訂正する騒ぎになります。「後から黙って修正されないよう、発表内容は必ず印刷しておく」(経済)という自衛手段もとられていました。誤った情報を配信してしまった場合、ネット上でも十分なエクスキューズが必要なのは言うまでもありません。今回は悪いエピソードばかり集まってしまいましたが、メディアと企業の関係は、未熟な部分をまだまだ残しているようです。新規参加のチャンスは十分、と前向きに考えてみましょう。
次回は、記者に「好かれる」リリースを紹介します。

■ 取材・原稿 : 富永 周也      
(News2u 広報アドバイザー)

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ