広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

デジタルプレスリリースの先には何がある?

公開日:2007年2月16日

前回、ファックスで流すプレスリリースではなく、ネット上に公開するプレスリリースについて、その優位性をお話しした。 つまり、「蓄積されるプレスリリースのデータベースが出来上がり、その情報に興味をもつマスコミや消費者が、いつでも簡単に欲しい情報にたどりつける」ということである。
■たんなる“お知らせ”ではない
そもそもプレスリリースは単なるお知らせではない。「こんな商品をつくりました」「こんなサービスをはじめました」で終わってしまったのでは、その役割を1%も果たしていないのであって、そこから何かが始まらなければ意味がない。
たとえば「ユニークな商品なので、ぜひ誌面で紹介したい」とか「この機能は面白そうだが、もう少し詳しく教えて欲しい」といったマスコミからの問い合わせが次のステップといえるだろう。
そして最終的に、その情報がマスコミというフィルターを通した非常にフェアな状態で一般消費者に届けられる。そこまでいって、初めてプレスリリースがその役割を果たしたといえるのではないだろうか。
 マスコミには毎日大量にプレスリリースが送られてくる。大量の情報は取捨選択される。
では、何が“取”で、何が“捨”なのか。 いわばプレスリリースの運命の分かれ道。
そこで生き残るためにはどうすればよいのか。まず、その商品やサービスが優れていることは前提条件。その上で、選ばれるプレスリリースの特徴について考えてみよう。
 A社は新商品のプレスリリースをファックスとeメールで各マスコミに配信した。詳しい機能情報や画像まで盛り込み、A4にして実に8枚分。画像データが重かったのでeメールで受信する側はかなりの時間がかかったことだろう。すると各社から素早い反応があった。「もう二度とプレスリリースを送ってこないでくれ」というものだった。
A社としては商品を詳しく紹介することが最善の策と考えた結果だったのだろう。
しかしそれは裏目に出た。結論からいうと、プレスリリースはせいぜいA4 1~2枚程度にまとめるべきなのだ。 100%の情報を盛り込む必要はなく、むしろ読む側の好奇心をかき立てるキーワードの方が重要だ。それに基本的なデータが入っていれば十分。
忘れてはならないのが問い合わせ先。そして、問い合わせに素早く対応できる体制を整えておくことを心がけたい。
 デジタル・プレスリリースならば、さらにできることがある。A社の8枚にもわたるプレスリリースは配信するのではなくホームページ上に公開しておくべきだった。
A4 1枚の情報に興味をもったマスコミが、そこからリンクを張られた詳細情報に瞬時にアクセスでき、画像をダウンロードできれば、これほどありがたいことはないだろう。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ