広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

新製品を効果的にPRするニュースリリースの書き方~BtoB編

公開日:2013年5月16日 | 最終更新日:2016年3月23日

シンプルに製品の“強み”を伝え、企業の信頼度を高める工夫を

BtoB企業が製品を紹介するニュースリリースを書く際、ターゲットの中心となるのは企業の担当者です。導入する製品を探す上で、簡潔に製品の“強み”が伝わるリリースであることが成果を出すための第一歩となります。
また、より具体的な情報が欲しいときに詳細ページへのリンクがあることや、お問い合わせ先が明記されているかどうかも重要なポイントとなります。

実際にBtoBの製品についての効果的なニュースリリースとはどのようなものか、ご紹介します。

BtoB向け製品の紹介に効果的なニュースリリースとは

内容が伝わるタイトル

タイトルには社名・製品名・発売日をすべて記載していることが理想的です。特に製品名はピンポイントで情報を探すユーザーにきちんと答えを返す意味で重要です。さらに製品の効果や特長も記入し、強みをアピールします。

背景を伝える

製品を開発した背景や市場の見通しについて記載し、自社の考えや取り組みを伝えることで競合他社との差を理解してもらいやすくなります。

製品の特長や機能を記載

製品の特長や機能について、重要なことから順に記載します。●や■で小見出しをつけ、箇条書きにすると読みやすいです。また製品の概要として、「製品名」「価格」「発売日」といった基本情報を箇条書きでまとめて記載します。

ランディングページや自社サイトへの誘導

ニュースリリースには特徴的なポイントをコンパクトにまとめ、詳細が分かるランディングページや自社サイトへ誘導することで、より具体的な情報を求めるユーザーのニーズに応えましょう。オウンドメディアへの流入を促すことにも繋がり、効果的です。

会社概要を記載

企業について説明することで、信頼性を高めます。企業Webサイトへのリンクも用意すれば関心を持ったユーザーを自社サイトへ誘導し、一層自社のことを知ってもらうきっかけとなります。

お問い合わせ先を明記

報道機関に向けては広報担当者の連絡先、製品について知りたい方には製品担当者のお問い合わせ先など、明確にお問い合わせ先を分けて記載すると担当者が迷わず、スムーズにコンタクトすることができます。

お手本にしたい企業のニュースリリース

特長を箇条書きに記載し、簡潔に新製品を訴求できている

製品開発に至った背景をコンパクトに記載し、詳細はWebページへ誘導

タイトルに特長を明記してあり、強みが分かり易い

企業情報や取り組みを掲載し、自社への興味を引くことでサイトへ誘導

(お手本リリース追加:2016年2月8日)

企業間の取引では製品の良し悪しや価格だけでなく、信頼性も大切です。企業情報に加え、これまでの実績や取り組みについて記載することも有効なポイントですね。

ニュースリリーステンプレート無料ダウンロードできます

ニューズ・ツー・ユーでは、ニュースリリース・プレスリリースを書いたことがない方や、初心者の方のための「ニュースリリーステンプレート」を無料公開しています。ぜひご活用ください。

使えるニュースリリーステンプレート40選|ニュースリリース・プレスリリース配信サービスならNews2uリリース

ニュースリリース・プレスリリースのテンプレート雛形をワードファイルでダウンロードできます。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ