広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

2013年4月の月間ベストリリース賞は株式会社代々木高校様に決定!!

公開日:2013年5月16日 | 最終更新日:2014年2月12日

すでにニュースリリースで発表させていただきましたとおり、2013年4月の月間ベストリリース賞は株式会社代々木高校様です。

2013年4月の月間ベストリリース賞、受賞リリースはこちら!

News2uリリース 2013年4月の月間ベストリリース賞

News2uリリース 2013年4月の月間ベストリリース賞

株式会社代々木高校様
発達障害児童・生徒の為の、放課後デイサービス「よよこ~クラブ」がスタート(2013年4月3日 12時40分)

選定理由(審査委員長・神原弥奈子のコメント)

2013年4月のベストリリース賞は、株式会社代々木高校さまの新サービス提供のニュースリリースです。

代々木高校では、これまでも画一化された教育のなかで個性を活かすことが難しい生徒たちに向けて、さまざまなプログラムを提供してきています。
潜在的なニーズに対して、情報を伝えるプラットフォームとしてニュースリリースを活用してきました。

今回ベストリリースに選ばれたリリースについては、2013年2月4日にまず開設のアナウンスのリリースは発表されおり、4月に入り、改めてサービスの開始をアナウンスしたことになります。

今回のリリースでは検索されやすいキーワードとして「発達障害」という言葉をタイトルに入れています。
同時に、News2u.netでのキーワード設定では、このニュースリリースが役に立つ人たちが検索すると考えられる言葉を設定するなど、より発見されやすい工夫をしています。

また、本リリースでは、どのような背景でこのサービスを提供しているか、事業主側の熱い思いがニュースリリースに書かれていることもポイントの一つです。サービスの内容だけでなく、思いをダイレクトに伝えることができるというニュースリリースの特性をしっかり理解して活用しています。

マスメディア向けではなく、限られたターゲットに対して、丁寧に情報を発信していくことができるのがニュースリリースの大きな魅力のひとつです。
ニュースリリースが発見される仕組みと、読み手であるターゲットを理解して作られた、お手本となるニュースリリースです。

選定のポイント

  • ニュースリリースを活用して、自分たちの活動を繰り返し訴求している
  • ニュースリリースに、サービスの背景や思いがきちんと説明してある
  • 発見されやすさを意識したニュースリリースになっている

受賞コメントをいただきました!

代々木高等学校 一色 真司様

代々木高等学校 一色 真司様

このたびはこのような賞を頂き、ありがとうございます。

多様な個性をもつ子どもたちとその親御さんたちに対して、当校からの「想い」を伝えたい。
「常識に捉われず、ひとりひとりを尊重した学校生活の素敵さ」を感じて欲しい。これが当校がNews2u利用する理由です。

今回受賞したリリースでは「発達障害児童」というキーワードを使用したところ、配信当日から早速お問い合わせを頂きました。
実は、以前リリース配信したときには「直接的過ぎて嫌な印象を与えないように」との配慮で、この言葉を使わないようにしていたのです。
やはり、ネットにおいては、わかりやすいキーワードを使うことが大切であると実感しました。

今回、神原社長にご評価頂いた点を参考に、今後もメッセージを配信を続けていきたいと思います。

株式会社代々木高校様、ご受賞おめでとうございます。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ