広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

2012年12月の月間ベストリリース賞は阪急阪神ホールディングス株式会社様に決定!!

公開日:2013年1月29日 | 最終更新日:2013年4月17日

すでにニュースリリースで発表させていただきましたとおり、2012年12月の月間ベストリリース賞は阪急阪神ホールディングス株式会社様です。

2012年12月の月間ベストリリース賞、受賞リリースはこちら!

News2uリリース 2012年12月の月間ベストリリース賞

News2uリリース 2012年12月の月間ベストリリース賞

阪急阪神ホールディングス株式会社様
能勢電鉄では12月16日(日)より、『のせでん冬物語≪あの日に想いをよせて≫』装飾電車を運行します(2012年12月14日 18時05分)

■選定理由(審査委員長・神原弥奈子のコメント)

2012年12月のベストリリース賞は、阪急阪神ホールディングス株式会社様の、能勢電鉄のニュースリリースです。 12月は、クリスマスやお正月などのイベントにあわせたニュースリリースが多くなります。今回受賞したニュースリリースも、季節にあわせた装飾電車の告知になります。 このニュースリリースには、企画実施の概要に加えて、趣向を凝らした電車内の写真が5点つけられており、ニュースリリースの読者にもその雰囲気が伝わります。

また「お客様に懐かしい昔の日本の生活情景と、冬の想い出の1コマを想い描きながら和みのひと時をお過ごしいただけるよう企画しました。」「皆様のご乗車をお待ちしております。」といったお客様に呼びかける表現が使われていて、ニュースリリースが直接お客様に届くことを意識していることがわかります。
兵庫県の川西・能勢・妙見山地域における地元の足として親しまれている「能勢電鉄」は、今回のような装飾電車や「恋物語」「ビール電車」「ハイボール電車」などのユニークな企画を展開されており、これに連動する形で2012年の1年間に配信されたニュースリリースは17本に上ります。

これらのニュースリリースは、地元のみならず関西圏を中心とした広い層へと企画をアピールしています。
地域の方々にはもちろん、より幅広い地域経済圏の方々や、地元を離れた方々など、多くの方に企業活動を配信できるのがニュースリリースの大きな利点です。
地元密着企業の情報発信ツールとして、ニュースリリースを積極活用されている素晴らしい事例として、今回の受賞作を選定させていただきました。

●選定のポイント

  • ニュースリリースが直接お客様に届くことを意識した表現を活用されています。
  • 多数の写真を添付することで、ニュースリリースの読者に内容をイメージしやすくしています。
  • 継続した情報発信をされています。

●受賞コメントをいただきました!

右から、鉄道事業部鉄道営業課・松尾良子様 総務部総務人事課・土谷恭子様

右から、鉄道事業部鉄道営業課・松尾良子様 総務部総務人事課・土谷恭子様

能勢電鉄株式会社(阪急阪神グループ) スタッフ一同様より

この度は、数多くのリリースの中から弊社のリリースを「月間ベストリリース賞」に選定していただき、光栄でございます。スタッフ一同、驚きと同時にたいへん喜んでおります。ありがとうございます。

弊社では、お客様に沿線の四季や癒しのひと時を感じていただくため、2011年から「のせでん四季物語」プロジェクトを立ち上げ、車内に季節にあわせた装飾を施すと共に、装飾電車を活用したイベント電車の運行を行っております。春の「お花見電車」、夏の「ビール電車」等の企画をニュースリリースで配信することにより、お客様からのお問い合わせが増え、多くのお客様にご乗車していただくことができました。

弊社は本年4月13日に開業100周年を迎えます。開業以来、これまで沿線の皆様をはじめ多くの方々からご支援をいただいてまいりました。その感謝の気持ちを広くお伝えしたいという思いから、従業員の手作りによる開業100周年記念ロゴマークを制定いたしました。

本年は年内にかけて様々な開業100周年記念イベントを企画しております。今後もニュースリリースを活用してイベント情報を発信し、皆様に能勢電鉄をご愛顧いただけるよう努めてまいります。

阪急阪神ホールディングス株式会社様、ご受賞おめでとうございます。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ