広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

地域・社会貢献としてスタートしたランニングプロジェクトをニュースリリースに。

公開日:2014年8月12日

すでにニュースリリースで発表させていただきましたとおり、2014年7月の月間ベストリリース賞はコニカミノルタ株式会社です。

2014年7月の月間ベストリリース賞、受賞リリースはこちら!

201407_コニカミノルタ様リリース画像

News2uリリース 2014年7月の月間ベストリリース賞


コニカミノルタ株式会社

選定理由(審査委員長・神原弥生子のコメント)

2014年7月のベストリリース賞は、コニカミノルタ株式会社様の陸上競技部の活動内容を紹介したリリースです。

陸上競技部が、その専門性を地域の子供たちに提供するという内容を、メディア向け取材のお知らせという形で情報発信しています。会社公式/非公式に関わらず、企業が支援している企業内活動も様々だと思います。一方で、その活動を、今回のコニカミノルタ様のように企業の広報から情報発信をしているケースはあまり多くはありません。

今回受賞したニュースリリースは、イベント開催直前のアナウンスで、週末の予定を検討しているエンドユーザーの方にもリーチしている可能性もあります。
リンク先にある、コニカミノルタ陸上競技部のホームページも、活動内容がよくわかる充実したもので、企業としてしっかり支援していることが伝わってきます。

企業活動を多面的に伝えることができるニュースリリースの活用方法として、お手本にしたい内容です。

選定のポイント

  • 企業の公式リリースとしての切り口がユニークである
  • リリースだけでなく、ホームページも用意してある
  • 前年実績のビジュアルがあり、活動をイメージしやすい

受賞コメントをいただきました!

コニカミノルタ_ベストリリース賞201407
コニカミノルタ株式会社 CSR・広報・ブランド推進部 広報グループ 課長 石川 和寛 様

2014年で12回目の参加を迎える、日野市陸上競技協会主催の『たのしいジョギング教室 in HINO』は、日野市に当社の国内主拠点の工場があることから、地域交流の一環としてスタートしたランニングプロジェクトです。

コニカミノルタでは、ニューイヤー駅伝での優勝経験や蓄積してきたノウハウ、技術的なアドバイスを通して、走る楽しみを伝える取り組みを行ってまいりました。今回のようなリアルなイベントの他に、オンライン上でも『ランニングプロジェクト』のWebサイトを提供し、ランナーに役立つ走行方法や走りに最適な体づくりについての情報発信に取り組んでいます。そしてさらに、Webページだけでなくソーシャルメディアも活用し動画コンテンツを掲載することで、より広くわかりやすく情報を発信。Facebookの『ランプロ部』ではランナーと交流ができる場を提供しています。

2014年からオフィシャルスポンサーとなった『東京マラソン2014』では、通過タイムをソーシャルメディア上に自動投稿できるサービスと連動して、完走後、ラップタイムやフィニッシュタイムとともに、友達からの応援メッセージを記載した自分だけの記念レポート「FINISHER’S REPORT」を配布するサービスを実施したところ、参加したランナーの皆様から大きな反響がありました。

当社は扱う商品やサービスも、複合機からITソリューション、ヘルスケアや有機EL照明、さらにはプラネタリウム「コニカミノルタプラザ」の運営、など幅広く展開しています。アイテムごとには違う分野かもしれませんが、「全てはお客様本位に」の企業姿勢を統一メッセージとして、テーマに応じてグローバルで連携して共通メッセージを発信するなど、ブランディングに貢献していきたいと思います。

今後も社内の情報収集を含めてタイムリーにニュースリリース配信ができる体制を維持し、陸上競技部や地域・社会貢献活動などを通じて、コニカミノルタを知ってもらう機会も増やしたいと考えています。

コニカミノルタ株式会社 CSR・広報・ブランド推進部 広報グループ
課長 石川 和寛 様

コニカミノルタ株式会社様、ご受賞おめでとうございます。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ