広報・マーケティング担当者のための
ネット上の情報発信・情報流通を支援するネットPR.JP

ニュースリリースのタイトルを考える。サンプルとなる1つの方法

公開日:2009年1月8日 | 最終更新日:2013年5月15日

株式会社メディアジーンが運営する「ライフハッカー[日本版]」の2008年人気記事ベスト10が公開されていました。このベスト10を読むと、いくつか気になることがありました。

ライフハッカー[日本版]2008年人気記事ベスト10を発表! ベスト1は、『話を聞く時、女の子を不機嫌にさせる3つの言葉』

ターゲット・メディア・カンパニー、株式会社メディアジーン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:今田素子)が運営する『ライフハッカー[日本版]』(http://www.lifehacker.jp/)では、ライフハッカー[日本版]2008年人気記事ベスト10を発表しました

株式会社メディアジーン : ライフハッカー[日本版]2008年人気記事ベスト10を発表! ベスト1は、『話を聞く時、女の子を不機嫌にさせる3つの言葉』 : News2u.net

ベスト10になった記事のアクセス数が出ているんです。これはアクセス数に対する自信の表れなんじゃないでしょうか。
そして、ランキングしている記事のタイトルを見てほしいのです。例えば「話を聞く時、女の子を不機嫌にさせる3つの言葉」。長くもなく、短くもないタイトル。そして、具体的な数字の表記。3つの言葉とか、7つのチェックポイント、など具体的に数字が出ているのがポイントですね。
以前、はてなブックマークに出てくるホットエントリーも、このパターンが多かった時期があったことを思い出しました。
ニュースリリースのタイトルを考えるときに、ライフハッカー[日本版]をサンプルにしてみるのはどうでしょうか?文章の長さのバランスは、参考になると思いますよ。

Follow us!

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ

ネットPR.JP 最新記事

ネットPR.JP 記事カテゴリー

ネットPR.JP 記事年別アーカイブ